【体験談】外観重視で注文住宅を購入、しかし現実には落とし穴が

憧れていた注文住宅

我が家は今から数年前、それまで住んでいたアパートの部屋が手狭になったので、念願だった注文住宅で新築一戸建てを購入しました。

打合せを何回も行ないようやく建てたマイホームです。ほとんどが理想通りにはできたのですが、住んでみなければわからなかった失敗もありました。そんな体験談をお伝えします。



理想が現実に。しかし、そこには落とし穴もあったのです

妻がインテリアデザインや住設備の会社に勤めていたため、家づくりに対して強いこだわりがあり、以前から新築の家を建てるのなら注文住宅がいいと決めていたようです。

小さなアパートで子供二人を育てるのが大変になってきたことも合わせて、私と妻は地元の注文住宅専門会社にお願いし、新築一戸建ての建築をお願いしました。

注文住宅だけあって、外観や内装に関してはもちろんのこと、細かな仕様や設備に至るまで打合せを行なっていたため、話し合いは約半年以上も続きました。

しかし、そんな甲斐もあってか、妻は床材や、モノの形や大きさに合わせたシャープな収納を持つ理想のリビングを手に入れることができ、絵画制作を趣味とする私は、間接照明と自然光の切り替えができるアトリエの建設を実現できたのでした。

引渡し前に「完成見学会」があり、近隣の方々にお披露目したのですが、「すてき」「きれいでセンスがいい」などといった感想が来場者から聞こえると、私も妻も嬉しくなりました。

しかし、実際に住んでみると、外観のデザインをシャープに重視したあまり、はめごろし窓を多用したことで風通しが悪くなってしまったのでした。

風通しが悪いと、どうしても埃がたまりやすくなり、家族の誰かが風邪をひくと空気が滞留して他の誰かに風邪が移ってしまうといったことが繰り返され、もっと使った後のことを考えて設計してもらえばよかったと後悔しました。

建築をお願いした住宅会社の担当窓口の方も、施主である私と妻の意向を基本的には反映したいと、あえて忠告などはしなかったようですが、こちらは逆に、事前にこうした可能性があることをわかっていたのであれば、教えてもらいたかったというのが正直なところです。

理想の家を思い描くことで、打ち合わせ中は良いことやメリットばかりが頭に浮かんでいましたが、それに伴うデメリットももっと考えておけばよかったと、後になって反省してしまうこともちらほらと出てきました。

設計の段階で、メリット、デメリットの把握を

住宅は多くの方々にとって、やはり一生に一度の大きな買い物の一つです。だからこそ、つまらない失敗がないよう、メリットやデメリットも合わせて、よく住宅会社の方と打合せを行ないたいものです。

そして、実際に生活しているシーンをイメージしながら、理想のマイホーム像を固めていきましょう。

【体験談】おしゃれハウスの落とし穴!こんなはずじゃなかった...

2018.01.04

【体験談】生活動線を考えて、マイホームを新築しました

2017.12.08

スポンサーリンク