【体験談】費用は住宅本体価格以外にも各種諸経費が掛かることを知っておくべし

色々な苦労を経験した家づくり

いざ家を建てようと思ったら、思わぬ問題が勃発することがあります。

私達夫婦は、主人の親から譲り受けた土地に、注文住宅メーカーで一軒家の建築を計画しました。当初、ローコストで費用を抑えれば、何とか建てられると思っていたのですが、一筋縄ではいきませんでした。そんな大変な思いをして新築一戸建てを手に入れた体験談です。



想定外の諸経費が掛かるも、何とか家を建てられた!

私達自身特に建築関係の仕事をしているわけでもなく、親戚、知り合いにもそういった関係の人がいなかったので、家づくりは全くのゼロからのスタートとなりました。

まずは、モデルハウスを見学しに行ったりして、注文住宅の建築を依頼するメーカー探しから始めました。何社か見積もりを出してもらい、比較した結果、ローコストメーカーに決めるまではスムーズでした。

しかし、メーカーの担当者の方からのご指摘で発覚したことがありました。
それは、費用は住宅本体の価格以外にもかかるという点です。それが、予想以上に莫大な費用が必要であることを知りました。

当初は住宅建築費用を1500万円と見積もっていて、また平屋を予定していたので相場であるこの金額ぐらいを出せば、そこそこの家を建てられるだろうと思っていたのです。
もちろんもっと出せばもっとこだわりの家づくりができます。ただ、私達の身の丈に合わせれば、これぐらいが丁度いいと思ったのです。

今となっては恥ずかしい限りですが、その当時は土地改良費、屋外給排設備工事、浄化槽費、外構費などの他、申請費といった手続き費用のことなどまったく知りませんでしたし、その費用が数十万単位で必要だとその時初めて知ったのです。

結局、そうした住宅本体の費用を合わせると、合計2200万円近くかかることがわかりました。この金額を見た時、住宅本体の費用のみしか頭になかった私達は、かなり動揺しました。
もしかしたら家づくり自体がダメかもしれないとまで考えた時期もありました。

結果としては、予定外の費用を主人のご両親からお金を借りることで何とか家づくりを続けられることになりました。
こうした経験をして、ある程度こうした費用のことを自分なりに調べておけば、もっとスムーズに家づくりができたかなと反省しています。

住宅本体以外の費用も想定して予算組みを

新築一戸建てにかかる費用は、住宅本体の費用以外にも数百万円単位でかかるということを前もって知っておく必要があります。こうした費用を合わせて、ローンのことを考える必要があるのです。

家づくりにおいて費用面はかなり重要ポイントとなるので、予め、しっかり予算を組んでおくのが安心です。

【体験談】土地&住宅本体価格以外にも、思った以上に費用が掛かる

2018.01.15

【体験談】住宅ローン本審査落ちや想定外の費用も乗り越え、納得の注文住宅を購入!

2017.11.17

スポンサーリンク