【体験談】念願の3階建ての新築一戸建てだったのに雨漏りが…

親と同居するために、3階建て、二世帯住宅を建てました

二世帯住宅を建てた時の体験談をお話しします。

親と同居できる家を建てようということで新築一戸建て2世帯住宅にしました。敷地が広くとれなかったので、狭くても建てられる3階建てにしました。



我が家にとっては念願の3階建てでした

私は一人っ子で長男ということもあり、親の面倒を見る気持ちもありましたが、結婚したことで家族も支える身となりました。

夫婦で家を建てたいという話が出た時に、「共働きなんだから子供の面倒のことを考えると、両親と一緒に暮らした方が良いのではないか」という話をしました。

同居に関しては嫁も渋っていた部分があったのですが、二世帯住宅ならばいいだろうという話になりました。

二世帯住宅の話を両親にしてみると、すごく賛成してくれて、ローン返済も多少は手伝っていいとも言ってくれました。

資金的にはそんなに広い庭にすることができなかったので3階建てという形で新築一戸建てを建てることにしました。

階段の昇り降りが年齢とともに大変になることを考えて、1階が両親のスペースで、2階と3階が私達家族のスペースとしました。
設計上は何も問題なく無事に完成しました。

生活をしていく上で何も問題なく半年ほどが経過しました。

トラブル発生!大雨で雨漏りが・・・

半年が経過した頃に梅雨の時期が来まして、何年に一度という大雨が降りました。そこで問題が起こったのです。

大雨が降った時に雨漏りするのは新築一戸建てであってもよくあることですが、その雨漏りが3階建ての我が家でも起こったのです。

その雨漏りの何が問題だったかと言うと、3階建てであるにも関わらず1階部分が雨漏りしたのです。

3階部分が雨漏りするのであれば屋根に隙間があるのかなとか原因も分かりやすいのですが、3階建てにも関わらず1階で雨漏りすると何が原因なのかわからないのです。

住宅メーカーに話をして細かく調べてもらいましたがなかなか原因がわかりませんでした。

後から聞いたら3階建ての場合はそういう問題がたまに起こるそうです。

住宅メーカーからは「屋根が問題かもしれない」と言われましたが、3階建てで屋根を修理しようとすると足場を組まないといけません。足場は組むだけでかなりの金額がかかってしまいます。

保証期間内でもあったので、住宅メーカーが負担してくれましたが、結果は住宅メーカーが言ったとおり屋根に問題があったようです。

問題があったときは、早めに対処を

新築だから何も起こらないというのはありません。どんなに丁寧に造っても雨漏りなど不具合が起こることもあります。

大事なことは早いうちに見つけて、早いうちにメーカーに解決してもらうことです。

【体験談】バリアフリーへの3つのこだわりと、一生暮らせる家づくり

2017.12.06

【体験談】骨折して分かった、将来を見据えた住宅設計の重要さ!

2017.10.28

スポンサーリンク