【こだわり】防音対策と開放感のある間取りで、快適な注文住宅を実現!

騒音の苦情から家を購入

結婚してから夫婦でマンションに住んでいましたが、子供が二人でき部屋が手狭になったことと、近隣からの子供達の足音やなき声に関する騒音苦情が相次いだため、思い切って注文住宅で新築一戸建てを購入することにしました。

資金に関してはマンションの売却資金をもとに貯金を加え、現金購入できる範囲内で建築できることを再前提として注文できるよう条件を決めていきました。



防音対策

まず一番目の条件は子供部屋が二部屋あり、車が2台置ける駐車場と広びろとした庭があることでした。子供が成長したときのことも考えて、子供部屋はできるだけ広めでクローゼット付の8畳間にすることにしました。

また、家内外からの防音対策として床や壁はできるだけ音が漏れないような頑丈な素材を使用することにしました。

そして立地は、十分な駐車スペースとガーデニングが趣味の妻のために、できるだけ広い敷地面積が取れるよう都会からは少しはなれた郊外に立地を定めました。

そこで出来上がった注文住宅は防音対策のしっかりした鉄筋コンクリート造で、リビングは吹き抜けになった解放感いっぱいの空間となり、マンション住まいの時に悩んだような騒音問題からも解放されました。

また庭を持つことで子供達は親の目の届く範囲内でのびのびと安心して遊ぶことができるようになり、妻も念願のガーデニングを心ゆくまで楽しむことのできる居住空間を実現することができました。

希望どおりの家

結婚した当初から新築一戸建てに住むことを目標とし、頑張って節約生活をしてきたおかげでローンを新たに組むこともなく、希望どおりの注文住宅を手に入れることができ、家族全員とても満足して幸せな生活を送ることができています。

唯一心残念なこととしては、建築会社選びがうまくできず思っていた以上に建築期間が長くかかってしまったことでした。

しかし、トータルでみるとまずまず成功した注文住宅一戸建てを手に入れたと言えるでしょう。

【体験談】生活動線を考えて、マイホームを新築しました

2017.12.08

【こだわり】リビングにこだわって大正解、役目が変わっても問題なし!

2017.11.01

スポンサーリンク