【体験談】水回りの動線と自分部屋は確保、リビングを広くしたので収納が犠牲に

新築一戸建ての体験談

我家は8年前に新築一戸建てを購入しました。家を建てるのはもちろん初めてなのですが、本を読んだりして試行錯誤しながら考えました。

もちろんすべてが成功ではないので、こうすれば良かったなどの反省点はありますが、最終的には気に入った家になっています。

では、新築一戸建てについて詳しく紹介します。



成功したところ、失敗したところ

我家の成功した、良かったと思った事は水周りの動線が良く出来ている事です。

これは私が考えたのですが、主婦としては水周り動線はすごく大切で、キッチンの近くに洗面所などがあるのでタオルを出したりするのに非常に楽です。そして、洗濯機から洗濯を干すところも近いのでとても楽に家事ができています。

また、夫と私で個人のスペースを作りたいということで、夫には書斎を、私には家事スペースというのを作りました。

私の家事スペースは2畳でとても大きいとはいえないのですが、すごく広い机を作ってもらったのでそこにパソコンを置いて、書類を書いたり、家計簿をつけたり、自分のスペースがあるのですごく気に入っています。このスペースは友達にも良いなと羨ましがられます。

そして、失敗したところはリビングを少しでも広くしようとしたために収納スペースが小さくなってしまったことです。

今の家はありとあらゆるところに収納スペースがあるのですが、我家にはたたみの部屋に押入れ、階段下収納など収納スペースが最低限しかありません。

出来るだけ物を増やさないようにしてはいるのですが、物を入れるスペースに少し困っています。

また、男の子二人なので将来たくさんご飯を食べると思うのですが、パントリーなどもないのでレトルトなどストックするところが少ないのもとても残念です。

まだ子どもが小さかったのでそこまで考えていなかったのですが、子どもが大きくなったいまパントリーを作ればよかったなと思っています。

収納スペースが少なくて結果どうなったかというと、今はまだなんとか収納出来ています。解決するにはリビングを少し小さくしてでも収納スペースを作ればよかったなと思っています。

今後の対策としては外に大きな倉庫を作ってそこに入らなくなったものを入れたいなと思っています。

まとめ

このように我家の新築一戸建てを紹介しました。

初めて建てたので良かった事もこうすれば良かったなと思った事もたくさんあります。ですが、全体的には使いやすい良い家ではないかと思っているのでおおむね満足しています。

これから一戸建てを建てる人は参考にしてくださいね。

【体験談】土間収納をどうしても作りたかった!

2017.12.10

【こだわり】注文住宅でこだわった動線と風通し

2017.10.31

スポンサーリンク