【こだわり】薪ストーブのある憧れの洋風住宅

憧れの洋風住宅を購入

今年、注文住宅を新築しました。夫も私も洋風住宅に憧れていたため、洋風住宅専門のハウスメーカーに依頼をしました。

初めは知り合いの設計士さんに頼むつもりでいたのですが、その設計士さんの建築した建物を何件か見せていただいて、私たち夫婦の思う洋風住宅との間にずいぶん差があると気付いたため、途中でやめてハウスメーカーらに依頼をしました。

一口に洋風住宅と言っても人によって思い描く建物は違います。私たちはたまたま理想に近い家を知り合いが建てていたため、その知り合いが利用したハウスメーカーを紹介してもらったのです。

そのハウスメーカーが作る家はどこも私たち夫婦の理想に近いものでした。細かいところのセンスが全体の家の印象を左右すると思うので、こういったハウスメーカーに出会えたことは幸運でした。



こだわりの床と壁・レンガ・モールディング

こだわった部分は、全てと言えば全てなのですが、特に面積の広い床と壁とレンガ・モールディングです。床は古民家のような暗い色の無垢の木でつやのないものにしました。

壁はホワイトで、壁紙ではなく塗りにしました。壁紙よりも塗りの方がコストはかかるのですが、やはり風合いが違います。

またレンガはベルギーからの輸入品です。アンティークレンガなので何とも言えない風合いがあります。ただ予算の関係で薪ストーブの周りと玄関のエントランスの周りだけという部分的な使い方になりました。

モールディングは洋風住宅には欠かせないと思いますが、 種類も多くどの程度装飾が施されたものにするかで家のゴージャス感が変わってきます。

家は少しだけ装飾の施された全体としてはシンプルなものにしました。

薪ストーブのある家

薪ストーブは夫の希望だったのですが、これが家の雰囲気づくりに大きく役立ちました。場所もとるため始めはどうかと思いましたが、やはりあるとないとでは大きく違います。 煙突ができるため外観にもアクセントができ良かったと思います。

【体験談】家事動線を考えてキッチンをアイランドキッチンに

2017.12.11

【こだわり】吹き抜けで開放感のある居住空間を実現!

2017.10.24

スポンサーリンク