【体験談】中古の一戸建てを探していたら、新築一戸建てに!

家族との歩みを進めるために

子供たちが成長してきたことでマンションよりもゆったり住める一軒家を求めることにしました。それなりに大人数が暮らせるよう部屋数を増やしたところがポイントの家です。



中古の一戸建てから新築一戸建てへ

予算的な部分もあってか中古の一戸建てを中心に探していたところ中々よさそうなものがない、絶妙な具合で高かったり妥協したくない部分で妥協せざるを得ないなどかなり行き詰っていました。

そういったことを知り合いに相談している内に、なんといい不動産業者を紹介してくれるという話になって、思いもよらぬことに新築一戸建てを提案されたのです。

一瞬「えっ」とは思いましたが、話を聞いていくうちにそれなりに予算におさまりそうな金額で可能なことも知らされ、半信半疑ながら少し心が揺れてしまいます。

まあせっかく大きなお金を払うのなら新築一戸建ての方が気分もいいのではと感じたからです。

家族会議での激論

早速自宅で家族会議!妻は「大丈夫なの」と半信半疑、やっぱり大人の反応はそうなのでしょう。しかし子供たちは乗り気「新築、新築」と大合唱が始まります。

一応、休みの日に家族で不動産屋を訪れ話を聞いたことで妻からゴーサインが頂けました。それからはデザインやレイアウトを煮詰めていくことになります。

我が家は私と妻、子供たちが男2人女2人の6人家族、子供たちに恵まれています。しかし中々大人数の話をまとめるには一苦労、毎夜夕食後激論が繰り広げられました。

途中で大ゲンカし頓挫しかかったことも数回あったのは言うまでもありません。何とかまとまりいざ契約、正直人生で一番震えた瞬間です。

業者とのやり取りは知り合いの紹介ともあっていろいろ融通を利かせてくれた面がよかったですが、工期などの遅れに関して注文がつけづらくものが言えなかったのは残念なポイントです。

また今回はよかったですが、もし思わしくない業者を紹介されていたら果たして断ることができただろうかと少し不安を覚えます。

上手くまとまりました

結果的にはうまくまとまったと感じております。妻も子供たちもうれしそうにしています。

ただ気付いたことがひとつ、新築一戸建てを建てたことで知識と経験が得られたことから、妙に他の一戸建ての良いところなどがみえはじめ、ああしても良かったこうしても良かったと考えてしまいます。

【体験談】導入して良かった、利便性の高い住宅設備

2017.11.30

【体験談】我慢して夢を実現、設備を引き算式で選択し想定予算内に!

2017.11.14

スポンサーリンク