【こだわり】吹き抜けで開放感のある居住空間を実現!

開放感のある居住空間

注文住宅で住宅を取得した時に考えたことは、少しでも開放感のある居住空間を作りたいということです。

大きな家を購入することが出来れば、自然と開放的な住まいになるわけですが、現実的には限られた面積の中に、様々なものを詰め込む必要があります。そのため、開放的な空間を作るためには工夫が必要です。



吹き抜けを作って成功

そこで我が家が取り入れた手法は、吹き抜けを作ることです。吹き抜けは狭い面積であっても、天井が高いため開放的な空間を作るのに大きな効果があります。

二階の床が少なくなるため、間取りをどうするか非常に悩みましたが、吹き抜けを作って正解だったと思っています。二階の部分に設置した窓からも明るい光が入り、面積以上の広さを感じることができます。

二階の寝室や子供部屋は狭くなってしまいましたが、みんなが団欒する居間を満足できる空間にできたと思っています。

吹き抜けを作ったことで不満な点としては、窓や照明の掃除をすることが非常に困難な事です。

一階から二階部分にある窓や照明には手が届きません。長い棒などを使い埃を落としていますが、本格的に掃除をするときには業者さんに依頼する必要がありそうです。

住宅を手に入れる時には、こだわりを持つことは非常に大切なことだと思います。

こだわることで満足できる

住んでみると、不満を感じる部分もありますが、こだわって自分で考えた所については愛着もあり多少のことは我慢できますし、不満も含めて納得して住むことが出来るのは良いことです。

私の場合、こだわって考えた居間の吹き抜けについては非常に満足しています。二階の寝室や子供部屋が狭いことも我慢できます。

いろいろな住宅を見学して、一生懸命家づくりをすることで気持ちよく生活できるのだと思います。

【体験談】ユニットバスにこだわり、想像以上の空間を実現!

2017.12.02

【こだわり】広いリビングで家族みんなが笑顔に!

2017.11.03

スポンサーリンク