【体験談】借地権付きの新築一戸建てを購入しました

相場価格より安く購入

私は新築一戸建てを、地域の相場よりも安く購入しました。しかしその安さには、理由がありました。

ここではその理由と、私が行った対処についての体験談を書きたいと思います。



一見安かった新築一戸建て

私が購入した新築一戸建ての値段は、2,980万円です。周辺の同グレードの新築一戸建ての相場は4,000万円前後なので、一見はるかに安いと言えます。

この安さには、もちろん理由がありました。具体的には、「借地権付きの建物」なので安かったのです。借地権ですから、土地は地主から借りるだけです。

要は、この新築一戸建てを購入しても、建物部分しか自分のものにならないわけです。ただし、20年間は自分のものとして使うことができます。

敷地内でガーデニングをしようが、ペットを飼おうが、基本的には自由です。この「土地を20年間自由に利用できる権利」と「建物の代金」とが、合計2,980万円だったのです。

20年後には、更新手続きをしたり、更地に戻して地主に返したりしなければなりません。しかも購入したのはあくまで土地を借りる権利なので、賃料の支払いは別途必要となります。

なので当初はこの物件を、割に合わないと感じていました。

しかし購入を強く勧めてきた義理の両親のことを考えると、キャンセルするわけにはいきませんでした。人間関係に大きな亀裂を入れないためにも、従う必要があったのです。

もちろん2,980万円という金額も魅力的でした。約半分を頭金として貯金から支払うことができたので、ローンの負担が少なめだったのです。

さらに、デザイナーズ住宅なので見た目も可愛らしく、その点でも気に入りました。いろいろ納得行かない点はありましたが、メリットを重視することにし購入することを決めたのです。

そして購入の約1年後、地主に交渉して、土地を買い取ることにしました。当時地主は、ちょうど自宅の建て替えでお金が入用だったようで、スムーズに交渉に応じてくれました。

代金は、本来の土地の価格から借地権代として支払った分の差額の、約1,000万円でした。最初の2,980万円に足すと3,980万円となるので、ちょうど相場と一致します。

1,000万円の工面には手間がかかりましたが、買い取って正解だったと思っています。今後、更新手続きも賃料の支払いもせずに済むわけですから、今は晴れ晴れとした気持ちです。

最終的に相場どおりで

私は相場より安く新築一戸建てを購入しましたが、その物件は借地権付きでした。

将来的に、土地を地主に返したりする手続きが必要となるので、それが気になり地主と交渉して土地を買い取りました。

その結果、最終的には借地権という一番の問題点が解決され、さらにトータルで相場通りの費用となり、家自体は希望どおりでしたので納得の買い物となったのです。

【体験談】細々細々と予算を節約して納得のマイホーム完成!

2017.12.06

【体験談】住宅ローン本審査落ちや想定外の費用も乗り越え、納得の注文住宅を購入!

2017.11.17

スポンサーリンク