【こだわり】アンティークレンガと無垢材のキッチン

今年注文住宅を新築しました

いろいろとこだわった場所があったのですが、やはり主婦としてキッチンに一番こだわりました。



レンガ無垢材にこだわったキッチン

洋風の雰囲気が好きで、レンガが好きなのでキッチンにはどうしてもレンガを貼りたいと考えていました。

全面に貼るとクドくなると思ったのでコンロの周りだけに貼りましたが、料理をしていて跳ねる油や汚れもレンガが吸いとってしまうため、手入れいらずで機能的にも優れています。

そしてやはりレンガの風合いはいいものなので、毎日料理をするたびに眺めては満足しています。使用したのはベルギーのアンティークレンガで、輸入品なので注文してから届くまでにずいぶん時間が掛かります。

また所々欠けがあるなど欠点もありますが、それもまた良い風合いを醸し出しています。

床は輸入品のつや消しのタイルにしました。家全体はフローリングなのですが、キッチンの床は汚れることを考え、タイルにしました。冬は足が冷たいのですが、水をこぼしてもサッと拭くだけで済むので便利です。

キッチンの内装は無垢材を使いました。キッチンは汚れが飛ぶので本当はツルツルの表面のものがいいかと思ったのですが、やはりどうしても木の風合いが捨てがたく、無垢材の濃い木目にしました。

暗くなるかと思いましたが、面積がそれほど広くないので心配したほど暗くはなりませんでした。

シンクの内部は白にしました。銀色のシンク以外にしたかったのです。汚れが目立つかと思いましたが、その分いつも綺麗にするようになりました。

こだわって良かった

時間をかけて家全体の内装にこだわったつもりですが、やはり主婦が過ごす時間の長いキッチンにこだわったのは正解だと思います。

汚れを心配して諦めようかと思った白いシンクや無垢材も、やはり諦めなくて良かったと思っています。

こだわると時間もお金もかかりますが その分出来上がってから 大事に使うようになります。今は、こだわりの自分の家で毎日過ごせてとても楽しいです。

【体験談】家事動線を考えてキッチンをアイランドキッチンに

2017.12.11

【こだわり】薪ストーブのある憧れの洋風住宅

2017.10.20

スポンサーリンク