【体験談】フルローンで購入、自由設計な新築購入お財布事情

人生で最大級のお買い物「住宅購入」

私達夫婦が共に30歳の時でした。私達夫婦は共働きで、世帯年収600万以上650万以下(歩合・残業で変動する感じです)

27歳で結婚し、翌年長女を出産。その翌年に赤字覚悟で結婚披露宴をした為購入を決めた時の貯金は150万程度でした。なので、初期費用も含めたフルローンで購入を検討し運良く希望に沿った土地と出会えて住宅購入に至ったのです。



夫婦間でプレゼン

まず、私達の予算はフルローンで3,200万。本当は3,000万で抑えたかったのですが、希望する街が土地価格上昇中だったので3,000万の予算では不可能でした。

元より、駅の近くや生活面に便利な場所を紹介して貰っていたのですが資金面との折り合いがつかず不動産屋さんから紹介して貰ったのが「希望圏内ギリギリで便利では無いが不便という程でもない」場所でした。

基本的に私は自転車での行動範囲が広く全く問題無かった為、資金面で最も希望にそっていたその土地を購入しました。

住宅は自由設計のプランで、これがまた厄介だったのです。勿論良い設備を揃えれば、資金面が跳ね上がります(当たり前ですね)

ベーシックをそのまま貫いても住むに十分な住宅が建つのですが、展示場なんかを回れば回る程やはり欲が出るし今まで体験した事の無い高額の買い物に金銭感覚は完全に麻痺しかけていました。

 

なので、我が家ではガレージ・玄関回り・リビングは主人担当。キッチン・水回り・洋室は私担当と、完全担当制にして検討を始めました。

お互いに、「こういう設備を取り入れたい」というプレゼンをするのです。そうすると、お互いがお互いの提案を冷静に判断出来るのです。

主人はリビングにプラン外のフローリング素材を使用したいと言いましたが、我が家は3歳遊び盛りの子供がいる事、すぐに傷だらけにされてしまう事など指摘してプラン内のもので似た素材にし、ガレージに照明設備、水栓設備を充実させる事は車好きの主人が洗車をしやすい事。

私も、ゴミ箱なんかの大物の洗浄をガレージで出来る事等から納得しました。

これは、一例ですがこの様にして「それは本当に必要なのか?」を吟味した結果、30万程当初の予算にプラスになりましたが満足いく住宅となりました。

ちなみに、住んでみてケチってしまったな…と思うのは住居内のコンセントの数ですね。

一つ増える毎に約3,000円、みたいな説明を受けると「コンセントってそんなに要る?タップで増やせるし…」という事で追加しませんでしたが、後々「あぁ~…ここにコンセントがあれば…!」と思う事は多々ありました。

生活をイメージするのって本当に大切ですね。大きい買い物だからこそ、ケチり過ぎも良くないので、慎重な議論が大変必要です。

予算オーバーに気を付けて

我が家は元々、予算にあまり余裕が無かった為に財布の紐がきつくなっていましたが…友人なんかは新築建築の際、予算から250万程跳ね上がったと言っていました。

そんな、彼女のお宅は確かに快適で素敵なおうちです。やっぱりある程度の余裕を持って購入を検討出来れば良かったかなぁ…とたまに思ったりもしますが、住めば都と言いますし。

昨今、給料の上がらない世の中で家賃を払いながら貯蓄するのは大変な事です。ならば、私達の様にフルローンで購入に踏み切るのも一つの手だと思います。

ただし、その際は「要る物」「要らない物」を必ず二人以上を吟味して予算オーバーしてしまわない様気を付けながら素敵なマイホームをご購入下さいね。

【体験談】新築を建てる時、テレビやネット回線への配慮を忘れずに!

2017.11.21

【体験談】我家が新築の費用を抑えた部分とその感想

2017.11.10

スポンサーリンク