【体験談】太陽光パネルの導入を決断、予想を上回る発電で大満足!

太陽光パネルの導入を検討

我家は注文住宅で家を建てたのですが、注文住宅で建てる際に様々な事を考えました。家は人生の中でも一回しか建てることがないと思います。ですので、後悔しないように建てる必要がありますよね。

そして、その時に考えたのが太陽光発電です。最初は太陽光発電をつけると金額がアップしてしまうので、すごく悩みました。ですが、夫の強い勧めで太陽光パネルをつけてすごく良かったので、紹介したいと思います。



太陽光パネルをつけた背景

何故太陽光発電をつけたのかというと、売電で少しはお金が入ってくるため魅力的だと思ったからです。

太陽光をつけると金額が数百万という単位でアップするので最初は正直ためらいました。ですが、ハウスメーカーの人に我家の屋根は南向きについているので、太陽光をつけるのにとても適しているといわれたのでそこから悩み始めました。

またハウスメーカーの方が、さらに太陽光パネルをつけたときにしっかりと発電するような屋根の形に設計してくれたので、そこまで対応してもらえるならということで、費用が掛かりますが太陽光パネルの導入を決断しました。

実際につけた感想

そして実際につけた感想はつけて本当に良かったと思っています。何故ならつける前にハウスメーカーの人にこれくらい発電するだろうと予想されていましたが、その予想を上回って発電してくれたからです。多いときで数万円発電するのでとても家計の足しになっています。

もちろん屋根の形にや向きで売電が変わって来るので全ての家に良いとはいえないのですが、我家の場合は真南に屋根がついていて太陽がすごく当たる方向についているので、本当に良く発電をしてくれています。

そこは、ハウスメーカーさんが最初から太陽光パネルに適した屋根あらためて太陽光に適している向きに屋根を考えてくれたハウスメーカーさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

太陽光パネルは一度つけたら一生物なのでこれからもたくさん発電して欲しいと思います。もし、太陽光発電で迷っている人は屋根の向きや形がいいなら是非つけることをおすすめします。

まとめ

このように、我家は太陽光発電をつけることにしました。太陽光発電をつけるにあたり、屋根を太陽の光が当たるような向きに工夫をしたりしました。

そのおかげで月にたくさんの売電を得る事が出来ているのでとても良かったと思っています。あのとき太陽光をつけるという選択をして良かったと思います。

太陽光は金額的にもつけるかどうか迷ってしまうものだと思いますが、屋根の向きや方向によってはつけた方が得なので、是非考えて欲しいなと思っています。もし、太陽光をつけるか迷っている人は参考にしてくださいね。

【体験談】住み始めてから実感、導入してよかった住宅設備!

2017.12.03

【こだわり】注文住宅を建てる時にソーラーパネルを

2017.11.04

スポンサーリンク