【体験談】選んでよかった4つの住宅設備!

導入して良かった住宅設備について

マイホームを作る際に住宅設備がとても重要な要素となります。キッチンやバスルーム、トイレ、太陽光設備といった様々な住宅設備が選択出来ます。また選択する住宅設備によって生活のし易さが大きく異なります。

私が、マイホームを建てた際に住宅設備を選んだ体験について紹介します。



キッチン

まずは、キッチン周辺の設備ですがビルトインタイプの食器洗浄機と乾燥機を導入しました。

当初は、後付けで食器洗い機を取り付けようと考えていましたが、スペースが必要となったり排水ダクトホースが必要になったりと後付けにはデメリットが大きいことが分かりました。

そのため、省スペースでキッチンに収まるビルトインタイプの食器洗浄機を導入しました。ビルトインタイプの食器洗浄機を導入して良かったのは、とにかくキッチン周りのスペースが広くなった事です。

キッチンに収納されているため邪魔にならず使うときだけ引き出して食器を入れるだけで綺麗に洗う事が出来ます。便利かつ省スペースでビルトイン食洗機を導入して本当に良かったです。

バスルーム

次にバスルームでは、浴室暖房乾燥機を導入しました。浴室暖房乾燥機は、お風呂から出た後に浴室の乾燥をする事が出来ます。生乾きですとカビが生えたり水垢が発生したりします。浴室乾燥機があれば浴室内のカビ予防ができます。

また、24時間換気機能も有しているため一日中、風通しが出来るメリットがあります。24時間換気をしておく事でカビを抑え清潔なバスルームに維持する事が出来ました。

特に浴槽の蓋や排水溝などには、水垢やカビが多く発生しますが、浴室暖房乾燥機を導入した事で入居から1年経った今でも清潔なバスルームとなっています。

防犯ガラス

次に窓ですがすべて防犯ガラスを導入しました。通常のペアガラスですと簡単に割る事が出来る為、防犯面で安心する事が出来ません。

防犯ガラスであればハンマーで叩いても割る事が出来ません。ガラスの間に特殊なフィルムが入っており、叩いても割れないため防犯には最適な窓ガラスとなっています。

防犯ガラスを導入した事でより一層安心して生活する事が出来ているので本当に良かったです。

照明

次に照明ですが、基本的にはダウンライトを導入しました。玄関やクロークといった人がよく通る場所については、人感センサー付きのダウンライトを導入しました。

特に買い物から帰ってきた時は荷物で手がふさがっている状況なので、人感センサー付きのダウンライトを導入したありがたみを実感できます。

また照明関連では、ライティングレールも導入しました。ライティングレールの特徴は、ペンダントタイプの専用の照明であれば、自由に取り付け取り外しが出来るメリットがあります。

ワンタッチで簡単に取り付けが出来るので部屋の模様替えをする気分で照明を変更出来ます。天井もスッキリしたためライティングレールを導入して改めて良かったと感じています。

【体験談】理想のマイホーム造りはデザインとお金の両面から考える

2017.12.01

【体験談】節約できる!注文住宅を通常より1割以上安く購入!?

2017.11.08

スポンサーリンク