【体験談】フレームキッチンを選んだ3つの理由

なぜフレームキッチンを選んだのか?

マイホームのなかでも、主婦である私としては、キッチンにはとくにこだわりました。

これまで住んだ賃貸物件の集合住宅にしましても、他はとくに不満がなくっても、キッチン設備だけは「ここがもっとこうだったらいいのになー」とか、「ここにこれをつけて欲しい」といったような不満というか希望が出ていましたからね。

それに賃貸マンションともなりますと、どうしても設備にかける費用は削られる傾向がありますので、こう言ってはあれですけれど「ろくな設備を入れていない!」と思ってしまうのです。

とくに独身者向けの賃貸物件ですと、キッチン設備はないがしろにされがちですからね。たとえば、家賃はそこそこの物件でも、キッチン設備は最低限のものしか入れられていなかったりしますので。

そしてだからこそ私は、もしも将来マイホームを建てるのならば、キッチンだけはこだわりたいと思ったわけです。



予算と希望に見合うキッチン

とはいえ、「お金をに糸目をつけずにオーダーキッチンにしたい」とか、「輸入物のキッチンを入れたい」とかいう希望ではありませんよ。あくまで「自分が使いやすいキッチン」を入れたかったのです。また夫婦ともに背が高めですから、台の位置にもこだわりました。

そこで導入したのがTOTOのフレームキッチンです。オールステンレスで作られた骨組みだけとも表現できるようなシンプルなキッチンです。

レストランの厨房や家庭科室にありそうなキッチンを思い浮かべてもらっても近いイメージだと言えるでしょうか。銀色で台だけのシンプルなキッチンです。

一般的なマイホームキッチンのように床までキッチリと収納部分が作られておらず、ラックのように足がニュンと伸びているような感じです。

フレームキッチンを選んだ3つの理由

フレームキッチンを選んだわけは、まずひとつが「台の高さ調整ができる」という点です。一般的なキッチン設備の台ですと、高身長夫婦である私たちは「やや低い」という感じで、腰が疲れてしまいます。ですからフレームキッチンの「台の高さを変えられる」という点にまず惹かれたのです。

そして次に「キッチン自体に収納はそんなに要らない」ということも骨組みだけのキッチンを選んだ理由ですね。わが家はキッチンの背後に壁一面の収納を作る予定でしたので、キッチン自体に細かい収納は必要なかったのです。

それよりも、お鍋やフライパンなど、調理器具をドンとおける方が楽だと思って、「棚だけ」的なフレームキッチンに惹かれたのです。

また、骨組みだけのフレームキッチンに惹かれた3つ目の理由は、「湿気防止と掃除のしやすさ」ですね。「キレイに使う」ということができそうなキッチン設備だと思いました。なぜなら、床に密着したキッチンではなく、床から浮いていますので通気性が良いじゃないですか。そしてまた、シンプルな構造ですから掃除もしやすいものですし。

リフォームすることとなってもまた同じもので

ざらっと以上の理由から、TOTOのフレームキッチンを選び、そして今もとても気に入っています。

しかし、今はもうTOTOで作っていないとも聞きますね。私たちがマイホームを建てた当時は、TOTO以外にもタカラだとか、そのほかの設備メーカーからも同じようなキッチンが出ていたと記憶しています。

しかし今でもトーヨーキッチンだとか、フレームだけのオールステンレスキッチンを作っていますので、もしもリフォームすることとなりましたら、また同じようなキッチンを選びたいとは思っています。

【体験談】一日一回バスルームについて後悔、浴槽設備はシンプルが一番!

2017.11.26

【こだわり】アンティークレンガと無垢材のキッチン

2017.11.04

スポンサーリンク