【体験談】一日一回バスルームについて後悔、浴槽設備はシンプルが一番!

一日一回バスルームについて後悔

「マイホームは住んでみないとわからない」なんてことが言われていますが、私はもっと言えば「住宅設備は、生活のなかで使ってみないことにはわからない」と日々、感じています。

マイホームでの暮らしやすさ自体が住宅設備に左右されると思いますからね。なんだかんだと言いまして、住宅は設備の快適さで大きく変わると思います。たとえ家自体がリフォームで新しく見えるようになったとしても、設備が古いままでは生活の不便さは変わらないとさえ思いますので。

そしてだからこそ、私は「バスルーム選びは失敗したかも?」と思っているのです。入浴タイムは一日一回のことなのですが、一日一回は家づくりについて後悔してしまうということですよ。



バスルームの何が失敗したのかと言えば…

ネガティブなことですから、住宅設備メーカー及び型番を言うのは控えますが、しかしこれからあげる特徴はすべての設備メーカーがいずれかの製品には持っている特徴だといえるものですから。

バスルームのなかでも、まずは私は「バスタブ」選びを失敗したと思っています。まず、バスタブの中の座る部分「ベンチ」をつけたことが失敗したなぁーと思うところです。

「子どもが小さい頃や私たち夫婦が高齢になった時にバスタブ内のベンチは楽かな」と思ったので、半身浴もできるというちょっとした高さの浴槽内ベンチがついたバスタブを選んだのですよね。

しかし、子ども二人と大人一人でお風呂に入る時には、このベンチが何気に邪魔です。また、一人でお風呂に入るにしても、このベンチ部分は「なくてもいいかなー」と感じます。

そもそも、マイホームを建てた時点で子どもは二人とも小学生ですから、バスタブ内のベンチが必要な身長でもないわけです。バスタブ内のベンチが必要な頃って、せいぜい5年ぐらい、未就学児の時ぐらいだと思います。残りの年数を考えたらつけなくても良かったかなと思ってしまいますね。

また、「浴槽内のベンチは高齢者になってから必要?」という件ですが、介護が必要な年齢になったら私たちは老人ホームに入所すると思いますし、その前に老人向けマンションに引っ越すことも考えられますからね。つまり、「そこまでの高齢になるまでこの家にいないかも」と思うわけです。そうなりますと、やはり「浴槽内のベンチは必要なかったかも…」と思いますね。いや、必要なかったです。

他には、バスタブ角にあるお湯と水の蛇口も必要なかったですね。わが家は自動お湯はり機能付きですから、ほぼ使っていませんよ。

しかし賃貸マンションに住んでいた頃は、蛇口でお湯を入れていたものですから「一応あった方がいいでしょ」と、思ってしまったのです。

しかし自動お湯はり機能付きのバスルームになって以来、「蛇口って必要ないよね」と心底思うようになりました。ちなみに、オプション品ですから余計にお金がかかっているのですよね…。この点もバスルーム設備で後悔しているところです。

他にも「バスルームの鏡」についても、「つけなくて良かったなあー」と思ってしまっているオプションのひとつですね。掃除が面倒臭い上に、バスルームに鏡は必要ないと心底思っていますから。使わないですし。しかし設備を入れてからは後の祭りということで。

お風呂こそごちゃごちゃつけないように!

以上のように、住宅設備選びの際は、あれやこれやとつけたくなってしまうものです。

「後からつけたらお金が余計にかかってしまうし」という気持ちから、駆り立てられるようにオプションを追加しがちですが、けれど必要なかったりしますので。とくに「バスルーム設備については、シンプルでいい!」と、思いますよ。

私の経験からアドバイスできることはコレですね。浴室設備こそ、ごちゃごちゃとつけずにシンプルでいいと感じます。

【体験談】トイレの数と場所を工夫する事で得る事ができた空間作り

2017.12.02

【体験談】バスルームにこだわって、良かった事と後悔した事

2017.11.24

スポンサーリンク