【体験談】ウォークインクローゼットを各部屋につけた結果

洋服の整理の手間を省きたい

洋服は、日本のように季節ごとに変える時にとても面倒と思うことがありますね。その際にはタンスに入れているものを取り出して使うことになります。その洋服が奥に入っていると、どこに何があるのかわからなくなることも。

そんなことを思うと、洋服の片付けや出し入れ、衣替えの時期に多大な労力を使っていることになります。その労力を少しでも軽減したい思って、新築を建てる際に思い切って子供二人と主人と私の部屋にそれぞれウォークインクローゼットを作ることにしました。それは大正解でした。そのことについてご紹介します。



ウォークインクローゼットのメリット

押し入れを作るという気持ちで

家を建てる時に、収納を多くするという方はたくさんいると思います。作ってみて分かったのですが案外狭くても、押入れを作る気持ちでウォークインクローゼットを作ることが出来ます。

また自分の服を収納することできるスペースがあることに、子供たちは大喜びしてくれました。なぜなら洋服の出し入れが楽になるからです。また洋服の出し入れを行う時に自ら整理をしたりして、整理整頓を意識するようになってくれました。

畳んでいる洋服を取り出す手間がない

我が家の場合は洋服をハンガーで洗濯をした後に吊るして、そのまま各自のウォークインクローゼットに収納するようにしています。それは、Tシャツ等も全てそのようにしているのです。

洗濯物を取り込んで洋服をたたむことは毎日行います。一生で考えるととても膨大な手間です。なので思い切って全てハンガーでかけることにしました。その結果、たたむという作業から解放され時間にも余裕ができ、また家事に疲れてしまうという事が少なくなりました。

洋服をいつも風通しができる

洋服を収納している時は、カビ等が心配ですね。また虫がつくこともあります。そのため。防虫剤を使用することも。その点、いつも吊るした状態なので風通しよく防虫剤を使うことはありません。

入らなくなった洋服はリサイクルへ

洋服は、きりが無い程欲しいと思っていました。流行ごとに欲しいと思うことがあったのです。そのように次から次へと購入していくと、ウォークインクローゼットが一杯になり、洋服が溢れ出すかもしれません。

そうならないためにも家族のルールとして、そこにおさまる範囲でしか洋服を持たないという事にしました。そのため吊るせなくなったものはリサイクルか処分、また本当に必要な洋服は購入しても今持っている洋服のどれかを捨てる、ということにしました。

この結果として、洋服の整理整頓と洋服代の節約の2つを効果をもたらすことになったのです。

まとめ

ウォークインクローゼットにすることでこんなに家事が楽になると思いませんでしたし、自分がそうしたいと思っていたことですが、結果として家族全員が満足することになりました。

一度ウォークインクローゼットを使い始めると、二度と元の収納方法には変えることができません。これから家を建てようと考えている方は、ぜひ導入を検討してみてください。

【体験談】収納を少なめにしてリビングを広くした結果

2017.11.10

【体験談】ウォークインクローゼットの4つの現実!!

2017.11.09

スポンサーリンク