【体験談】理想のマイホーム造りはデザインとお金の両面から考える

ハウスメーカーはやっぱり高い?

数年前に、新築で一戸建てマイホームを建てました。

マイホームを考え始めた当初は、建売住宅の購入やハウスメーカーで建てることも視野に入れていたのですが、しかし断念したのです。

そして最終的には「注文住宅」で建てることとなりました。なぜなら、一部でも自分たちの希望を入れるのならば、注文住宅でマイホームを建てる方が何かと割安かも知れないと思ったからです。というよりもむしろ、ハウスメーカーや建売住宅で「自分たちの希望を反映させてー」ということを一部でもやろうとすると、割高になると思いましたので。



お金のことを考えると注文住宅

そしてまあ実際に、そうでした。注文住宅で建てた方が、一戸建てマイホームの建設費用を抑えることができたのです。しかし家づくりに取り掛かる前、もっと言えば情報を集める前の段階では、そんなことは思っていませんでした。

実際に家づくりを始める前の段階では、「注文住宅で建てるマイホームなんてうちには無理!お金がかかりすぎるでしょ!」なんて思っていたものです。

今にして思ってみたら、とくに根拠はないのですが、「注文住宅はお金がかかりすぎる」なんて思っていたものです。しかし家づくりを始めてみて気がついたのです。「ハウスメーカーの家の方が高い」ということに。

いや、規定のデザインで建てる分には、そこまで高いとは言えないのですが、しかし一部をセミオーダーにしようとしますと、値段がガクンと高くなってしまうのですよね。

もちろん、一概には言えないところもあるのですが、とある有名どころのハウスメーカーのデザインが好きで、まずはその会社を訪れたのですが、セミオーダーとなると高かったのです。ちなみに、輸入住宅もののハウスメーカーではないですよ。日本のハウスメーカーです。輸入住宅ではないのですが、しかしそれでも「セミオーダー」となると高くなってしまうのですよね。

結局のところ、指定の住宅設備以外の住宅設備を入れるとなると、やはりガクンと高くなってしまうということなのです。ハウスメーカーの場合ですと、既存の設計で建てるのならば少しだけ高いぐらいなのですが、一部でも変更を加えようとすると注文住宅で家を建てる場合よりも高くなるというもののようで。

とはいえ、完璧完全に「自分たちの好みのマイホーム」は、やはり建売住宅にもハウスメーカーの既存の住宅にもないわけです。「大枠では好きなんだけど、でもここはこうして欲しい」という希望は、やっぱり出てきてしまいますから。また、そこが妥協できなかったものですから。

余分に払うのがイヤなので注文住宅

ですから、結局注文住宅で建てることにしたのです。そしてまた「お金」の面でも。

「セミオーダーで割高になるのなら、最初から注文住宅で建てた方がトータル金額にしても安い」というのが、私たちが家づくりのリサーチ段階で出した結論ですね。そして、結局注文住宅で建てることにしたのです。

自分たちの希望を反映させるのならば、注文住宅だと思ったこともそうなのですが、「既存の枠外を出るのならば割増な費用」となるのが、どうにも納得でいなくて。それならば、自分たちで節約もできる注文住宅がいいと思ったのです。

ですから我が家の場合、「自分たちの好みの家を作るために、デザインおよび費用のためにもした工夫」が「注文住宅という選択」だと言えるでしょうか。「ハウスメーカーのデザインをセミオーダーで変更する」という方向はお金の上で断念して、結局イチからフルオーダーするという方を取りました。

「注文住宅で建てる」となると、決めなくてはいけない範囲がグッと増えて施主の負担もアップするのですが、しかし「一生に一度のことだし頑張るぞ」と乗り切りました。

【体験談】注文住宅だからこそ実践した間取りの工夫

2017.12.09

【体験談】フルローンで購入、自由設計な新築購入お財布事情

2017.11.12

スポンサーリンク