【体験談】トイレの数と場所を工夫する事で得る事ができた空間作り

決められた予算で建てることになった我が家

我が家の場合、決められた予算と決められた土地の広さで家を建てるしかありませんでした。その為、その限られた中でどれだけ工夫をし、自分の理想に近い家を建てるかと言う事が重要なポイントでもありました。

そして、そこで最後まで悩んだことがトイレの数と場所だったのです。結果から言えば、満足している我が家のトイレですが、今の場所に決めるまでには本当に悩みました。



トイレの数と場所を悩んだ我が家

初めお願いしたハウスメーカーから頂いた図面には、1階のトイレが階段下に設置されていました。その図面を見て驚いた私が担当者に確認すると、最近の設計では多いパターンであると言う事を聞かされたのでした。

階段下にトイレを持ってくるメリットとは?

階段下にトイレを持ってくるメリットは、何と言っても、場所の有効利用です。

一般的に階段下は収納に利用される事が多くなっていますが、我が家の場合、その他にもいくつかの収納スペースを確保する事ができていた為、必要ありません。

また、トイレを階段下に作ったとしても、横にスペースが余る為、多少の収納スペースの確保は可能でした。その為、場所の有効利用として、トイレを階段下に持ってくると言う事は、とてもいいアイデアだったのです。

階段下にトイレを持ってくるデメリットとは?

デメリットは、多少ではあるものの天井高が低くなってしまいます。ただし、立つ場所は高い設計になっている為、気にならないと言う事。

その他、トイレに入っている時、階段を上り下りする人がいた場合、音が気になる事があると言う事でした。

2階のトイレを失くすメリットとは?

2階のトイレにおいても、設置するか最後まで悩みました。2階にトイレを設置しない場合のメリットは、その分を部屋や収納スペースとして活用する事ができるところ。

その他、意外と面倒に感じるトイレ掃除を2か所行う必要がないという点でした。

2階のトイレを失くすデメリットとは?

2階にトイレを設置しないと言う事で、2階にいる場合でも1階まで下りなければトイレに行く事ができません。また、家族でトイレが混みあった場合も、2階のトイレに行くと言う事ができなくなります。

結果、我が家が選択したトイレの数と場所

色々悩んだ結果、我が家の1階のトイレは階段下に設置されました。そのお蔭で限られたスペースを有効利用する事ができました。

また、2階にトイレは設置せず、その場所には収納スペースを設置しました。そのお蔭でお客様用のお布団セットなども収納する事ができ、本当に良かったです。

もちろん、「2階にトイレがあれば便利だな。」などと思う事もありますが、総合的に考えれば、間違った選択はしていないと考えています。

トイレ掃除の回数も減らす事ができ、掃除も苦痛ではありません。水回りを2階に持ってこないと言う事で、費用も随分抑える事ができました。

【体験談】マイホームに勝手口をつけておいて良かった!

2017.12.08

【体験談】日当たりの良いトイレ、10年後に訪れる悲しい現実!

2017.11.25

スポンサーリンク