【体験談】ユニットバスにこだわり、想像以上の空間を実現!

ユニットバスへのあこがれ

長らく木造の長屋暮らしで、冬場は隙間風が入り体が冷え、夏場はどこからともなく蚊が浸入し、蚊取り線香は必需品でした。特につらかったのは、浴室が在来工法で床面のタイルは滑りやすく、冬場は氷のように冷たく浴室全体がヒンヤリするので、いつかは新築の際には絶対にユニットバスにするぞと思っていました。

妻からは、この家から早く出ないと冷えて病気になってしまうと脅され続け、ついに近くのちょうどよい土地が入手できたので、新築一戸建てを立てることになりました。



我が家に合う設備を選択

家を建てるときに、2×4工法が地震に強いと記憶していたので、この工法と2人で決めていました。

床、壁天上に至るまで断熱材を敷き詰めて、絶対にユニットバスにして冷えからおさらばしようと気合が入っていましたが、いざ水回りの価格を見ると予想を超えた高額料金でひるみそうになりました。

我が家の水回りは、全てTOTO製で統一したいと思っていたのですが、シンラシリーズは間接照明で精神的にもリラックスできると思いますが、料金が予算を超えてしまいます。そこで、サザナシリーズが我が家にとっては現実的な料金で、冷える浴室からの脱却というコンセプトもクリアしているので、このシリーズで選定しました。

我が家は、子供2人も巣立ち、妻と二人と犬一人(我が家では犬は家族ですので一人と数えます)1317(0.75坪強サイズ)の比較的コンパクトなサイズを選び、お掃除ラクラク ほっカラリ床、魔法びん浴槽、エアインシャワー、お掃除ラクラク 鏡で構成したユニットバスに決定しました。

お掃除ラクラク カウンターというアクセサリーもありましたがなるべく出っ張ったものはない方が良いということで、省きました。又、ラクかるふろふたという浴槽のフタのアクセサリーについては、こだわりがありジャバラのロールできるフタが好きなので、これも省いています。

また忘れてはならない設備に、浴室暖房乾燥機があります。

他のメーカーでも問題ないのですが、揃えないと気持ち悪いという理由で、TOTOの三冠王という商品を選定しました。暖房、換気機能はもちろんついていますが、梅雨時でも、衣類乾燥もできて、涼しい風も出ます(クーラーの機能はなく涼しい風です)。

実際に使用した感想

家が建ち、住み始めて浴槽を実際に使用した感想ですが、長屋の在来工法の浴室と比べて快適さは雲泥の差で、浴室全体が温かく足元も以前のように冷たいことに恐れることなく踏み出すことができるので、ストレスなく過ごすことができます。

浴槽は魔法瓶にして、お湯の温度がなかなかぬるくならないところも気に入っています。

床面の水の切れも、某メーカーさんの説明された通りで、新被膜でキレッキレです。お掃除ラクラク 鏡は炭素の被膜がコーティングされていて、汚れがすぐに流れるので曇らないで感動しています。

浴室の仕上がりは、あこがれて想像していた以上に、すてきな空間なりました。おかげで、妻からのめっきり冷えに関する訴えはなくなり、掃除もしやすくなったと喜んでいます。

【体験談】太陽光とエコキュートで、発電した電気を無駄なく利用!

2017.12.01

【体験談】バスルームにこだわって、良かった事と後悔した事

2017.11.24

スポンサーリンク