【体験談】住み始めてから実感、導入してよかった住宅設備!

導入してよかった住宅設備

私は、昨年に念願だった新築マイホームを購入しました。マイホーム購入時に慎重に考えたのは、住宅設備の内容です。住宅設備は、良い物ほど高価になるため非常に悩みました。

マイホームに住み始めてから改めて導入して良かったと感じた住宅設備を紹介したいと思います。



最新タイプのトイレ

まずは、トイレですが自動で水が流れる最新タイプの便座を導入しました。最新の便座は、近づくと自動でふたが開き、また用を足した後トイレから離れると水を流してくれるなど、非常に多機能になっています。これに慣れてしまうと、自宅以外のトイレはなんて旧式なんだろうと感じてします。

照明

次に照明関係ですが、天井がすっきりして部屋全体が広く感じるダウンライトを採用しました。ダウンライトであればLEDのため非常に明るく天井に埋め込む事が出来るため見た目も綺麗です。広い角度で光が照射される事とLEDの照度で数が少なくても非常に明るく感じますし、なによりエコですので家計にも優しいです。

また、玄関やトイレ、クロークといった日常何度も通る場所については、ダウンライトに人感センサーを取り付けました。人感センサーは、人が近づくと自動で検知して点灯してくれます。手に荷物を持っていたりする場合には、壁のスイッチを押す必要が無くとても便利です。

その中でも本当に導入して良かった設備として、リビングにライティングレール導入したことです。ライティングレールは、100ボルト電源がレールに沿って供給する事が出来ます。

ライティングレール専用のペンダントライトやスポットライトをワンタッチで簡単に取り付ける事が可能で、リビングをお洒落な空間に演出することができます。通常のシーリングコンセントではなくライティングレールを導入して本当に良かったと感じています。

バスルーム

次にバスルームですが、浴室乾燥機と物干し竿を二本設置しました。なぜ?と思う方もいるかもしれませんが、浴室乾燥機を利用して洗濯物を乾かそうと考えたからです。

天候の悪いときにバスルームへ洗濯物を干し、乾燥機を稼働させることで短時間で洗濯物を乾かすことができるので、ぜひ検討してみてください。

キッチン

次にキッチンですがIHクッキングヒーターを導入しました。IHの場合、ガスコンロと比べると外観もすっきりしており、清掃が楽なメリットがあります。実際に料理をする際や後片付け、掃除が手間要らずで便利です。ガスコンロも検討していましたがIHヒーターを導入して良かったです。

収納

最後に収納ですが、ウォークインクローゼットを導入しました。ウォークインクローゼットは、とても広く衣類を全て収納出来ています。プライベートで着るシャツやコート、ズボンなど全てウォークインクローゼットにて保管しており、収納もしやすいです。

小さいクローゼットですと収納量も少なく衣類が完全に収まりません。ウォークインクローゼットであれば、広くて衣類の収納量も非常に豊富となっているため上手く収納すれば全て収まります。子供が生まれて家族が増えたので、ウォークインクローゼットを導入して良かったと生活していて改めて感じています。

【体験談】水回りの動線を工夫し、お金を掛けずに住みやすい家を実現

2017.11.30

【体験談】選んでよかった4つの住宅設備!

2017.11.22

スポンサーリンク