【体験談】細々細々と予算を節約して納得のマイホーム完成!

私たちが注文住宅で建てた理由

一戸建て住宅を注文住宅で建てました。ですから、自分たちで費用の調整も行えました。ハウスメーカーや建売住宅ですと、住宅の内容が決まっていますので、自分たちで費用を調整することは、ほぼ不可能だといえるところでしょう。

しかし注文住宅の場合ですと、お金をかけるところ、そしてお金をかけないところといったように、すべて自分たちで決めていけるので、とても良いと感じたのです。もちろん、工務店の適切な指導は入っていますけれど。

ですから、私たちが注文住宅でマイホームを建てた理由は、もちろん設計デザイン上のこともありますけれど、同じぐらいにメリットとして感じた「お金をかけるところを自分たちで決められること」もあげたいと思います。



具体的にどこを節約したのか?

私たちは「自分たちでお金をかけるところを決められる」という理由もあって、注文住宅でマイホームを建てることを決めました。というよりも、むしろ「自分たちでお金をかけないところを決められる」という要素の方が大きく惹かれたと言えるでしょうか。

私たち夫婦は共働きとはいえ、高給取りではありませんからね。子どもの教育資金も用意しなくてはなりませんし、マイホームとはいえかけられるお金は限られています。

しかし決めた予算の範囲内で最上級のいい家を建てたいと思うことは、ごく自然な心理でしょう。ですからお父さんもお母さんも、お金の調整を頑張ったのです。

さて、それでは具体的にはどこを節約したのかと言いますと、まずひとつは「資材」ですよ。とはいえ、家の骨格に関わる資材を節約したわけではありません。節約したのは「壁の仕上げ材」です。

たとえば、クローゼット内部やパントリーの内部、倉庫や土間収納の内部といったように、普段は見えない部分については、壁の仕上げ材をワンランク下げたものを使いました。見た目としては、「ログハウス」的な板ですね。数万円の節約ですが、しかしバカにはできません。

また、家の外側部分である「外構」は自分たちでDIYしようと、マイホーム建設工事からは省きました。これだけでも100万円近い費用が浮きました。工務店の設計士さんは、コンクリート敷きの駐車場やらポーチやらといったように、キレーイな外構を提案してくれましたので。

惹かれるところはとても大きかったのですけれど、しかし「まずは家の中を優先させよう!」と、完全なる外構造りは諦めました。

「コンクリート敷きの駐車場」は最後まで迷ったのですが、「いや、砂利を敷くだけでも十分」と、泣く泣くカットしたのです。ですから外構は本当に最低限の造りになっていますね。

けれどもその分を家の中の住宅設備の費用に当てることができましたので、「まあ、いいか」と思うようにしています。

他にも細々とカットしていき…

他にも細々細々と、節約できるところは節約していきましたね。照明なども施主支給にしたことで、仲介手数料を省き数万円を浮かせることがでいましたので。

そしてなんとかマイホーム費用の予算内に収めることができたのです。この作業は中々大変なものでしたが、しかし家の中身を決めるよりも、ある意味ではやりがいがあったと言えるでしょうか。

注文住宅とはいえ、豪華なわけではないコンパクトなわが家ですが、注文住宅だからこそ予算の範囲内に収められるように費用の調整ができたのだと思います。手間はかかりますが、お金を調整して予算内に収めることはマイホームライフにおいて大事なことだと言えるでしょう。

【体験談】理想のマイホーム造りはデザインとお金の両面から考える

2017.12.01

【体験談】防火に特化した家を建てて、安心できるマイホームを!

2017.11.28

スポンサーリンク