【体験談】防犯のため、費用が掛かっても外構設備を導入しました

外構にこだわり、安心できるマイホームを

私は、長くから念願だった新築一戸建てのマイホームを購入しました。建て売りではなく注文住宅を選択し様々な工夫を凝らして家造りをしました。中でも屋外の外構に関しては、こだわりを持って作りました。

家の見た目を決めるのは、外壁や外構となります。見た目を重要視するため外構設備にこだわりを持って設計し、実際にハウスメーカーと打ち合わせ始めてから完成するまでとても時間がかかりましたが、自分でも納得のいく外構が完成しました。



防犯対策として導入した外構設備

私は、外構工事にこだわりを持って家造りを進めました。

まず、こだわった点として防犯砂利の導入です。近年ではコンクリートにする住宅が多いですが、誰かが侵入しても音を立てずに侵入されてしまうリスクがあります。防犯砂利であれば人が入ってきた時に砂利を踏む音がするため防犯上大きなメリットがあります。

また、防犯以外では見た目も自然な雰囲気に仕上がりお洒落な外構空間を作る事が出来ます。砂利を使った事でナチュラルテイストでお洒落な外観作りが出来たので大変満足しています。

防犯砂利と同じくこだわったのは、外構設備でセンサーライトです。人感センサーを搭載しており人が近づくと自動で検知して発光します。夜間に人が侵入してきた際に自動で点灯するため防犯上非常に効果が高いメリットがあります。特に死角になりやすい箇所に人感センサーを付けておく事で夜間でも安心感があります。

我が家では、防犯砂利や人感センサーといった外構設備にこだわった事でセキュリティー面で安心感を得る事が出来ました。

次に外構でこだわった点は、カーポートの設置です。カーポートを設置したため冬でも車のフロントガラスに霜が降りる事が無くなりました。

また、雨が降っている際も濡れる事無く玄関まで移動出来るようになりとても快適に生活出来ています。カーポートがある事で家の外観も格好良くなり見た目もお洒落になりとても満足しています。

フェンスや外構ブロックについてもこだわってお洒落なデザインの物を採用したので家の周りが可愛くお洒落にする事が出来ました。

カーポートや砂利、フェンスや境界ブロックなどこだわった外構設備を選択出来た事で今では快適に過ごせています。外構に費用が掛かりましたが、一生に一度と言われるマイホームのためこだわりを持って作って本当に良かったと今では感じています。

外構設備についてまとめ

外構によって家の外観やセキュリティーに大きな差が生まれます。設備を充実させる事でコストは増加しますが、実際に生活する際の利便性や見た目を考えると後悔しないような外構工事をする事が大切です。

マイホームを作る際には、どうしても家の内装に力をかける傾向がありますが、家の外回りも家作りにはとても大切になります。マイホームの設計の段階からしっかりと生活をイメージして外構工事をすると良いです。

【体験談】防火に特化した家を建てて、安心できるマイホームを!

2017.11.28

【体験談】導入して良かった、利便性の高い住宅設備

2017.11.30

スポンサーリンク