【体験談】生活動線を考えて、マイホームを新築しました

旧宅が手狭に

長らく賃貸住宅に住んでいたのですが、子どもが生まれる前の夫婦二人での生活中は、「小さな住まい」でも問題なかったのですが、子どもも生まれ子供が育ってくると賃貸住宅の2LDKという広さがとても狭くなってきて、新居を建築して引っ越すことを決意しました。

新居を建築するにあたっては、賃貸住宅でとても不便に感じていたことを解消するという方針で、不便に感じることを色々とリストアップして、受託メーカーの設計士さんに希望をたくさん伝えることにして新居の建築に当たりました。



生活動線を考えたマイホームが完成

注文住宅で夢のマイホームを建築して、完成した家は本当に理想どおりの家でした。我が家の一番のこだわりが生活動線の良さです。

玄関を入るとすぐリビングがありますが、リビングに入る出入り口とその横からそれてキッチンへと行く方向にも通路が出来ていて、来客などがあればリビングを抜けてその他の部屋へ行く必要がなく、リビング手前の通路を通ってキッチン、ダイニングに行くことができるようになっています。

つまりリビングとキッチンダイニングが独立していて、しかもキッチン、リビング、ダイニングが円形に通路でつながっていて、一周することができるようになっています。

さらにリビングとダイニングの間も間仕切りがあって、普段はリビング、ダイニング、キッチンが一続きになっていますが、間仕切りでリビングだけ分離できるようになっている、生活動線の良さが魅力になっています。

また、洗濯物を干すことも旧宅では、洗濯機を置いている場所と物干しのある場所が離れていて、洗濯の際に不便だったのですが、新居では洗濯機の場所と物干しの場所をとても近くにして、洗濯機を回し洗濯が終わったら、短い移動距離で洗濯物を干すことができるようにも設計しました。

そしてもう一つ我が家の自慢の場所が、1階のリビングのすぐ横にある小さなクローゼットです。このクローゼットには、その季節で着る衣類を収納しておいて、外出などから帰ってきてすぐにそのクローゼット内で着替えをできるようにしています。

本当のクローゼットは2階にあって、季節外の衣類は2階のクローゼットに置き、実際に着る衣装は1階のクローゼットに置いておいて、着替えのために2階のクローゼットと行き来する必要もないようになっています。

着替えは毎日するものなので、リビング横のクローゼットですぐに着替えて外出して、帰ってくればまたそのクローゼットで室内着に着替えてゆっくりできるというずぼら設計になっています。

生活動線が良いとストレスがない

以前の賃貸住宅では、生活動線が悪くて、生活の不便を感じていてどうにか解消できないかといつもイライラしていました。ですが、新居を建築してからは、新居の生活動線があまりにもいいので、不便さを感じないようになって、毎日のイライラのストレスから解放されることとなりました。

新築で家を設計したり、リフォームしたりする際には、生活の動線をしっかりと考えて、自分の生活スタイルにあった生活動線を備える住居にすることで、毎日の生活がとても豊かなものになると言えます。

【体験談】ウォークインクローゼットを各部屋につけた結果

2017.11.28

【こだわり】注文住宅でこだわった動線と風通し

2017.10.31

スポンサーリンク