【体験談】玄関や勝手口を工夫し、見栄えと利便性の高いマイホームを実現

玄関にこだわった、マイホームづくり

私は、新築一戸建てのマイホームを建てました。家作りをする際にこだわった箇所は、玄関や勝手口です。特に玄関は、毎日人が出入りする場所のため出来るだけ快適に暮らせるようにこだわりを持ちました。

勝手口についても、ゴミ出しなどでの利便性が良くなるように工夫をしました。玄関や勝手口を通りやすいレイアウトや環境作りを心がけたことで、実際にマイホームで生活を始めてからは、とても快適で大変満足しています。



玄関や勝手口で採用したレイアウトや設備

マイホームの玄関に採用したレイアウトですが、玄関クロークにこだわりを持ちました。玄関クロークのスペースを広くとりベビーカーや様々な道具を収納できるようにしました。

また、玄関クロークの出入り口にはロールカーテンを設置して外側から中が見えないように工夫し、玄関クロークが広いため収納力アップ、玄関周りが非常にスッキリしました。外で使う掃除道具や子供のベビーカーやおもちゃなど、全て玄関クロークに収納出来るメリットがあります。

次に玄関周りの照明はすべて人感センサーを採用しました。買い物から帰ってきて手がふさがってる場合に照明のスイッチを押す事が非常に大変です。

買い物袋を一旦降ろしてスイッチをオンしなくてはいけませんが、人感センサーを導入した事でタッチレスで照明がオンするため、荷物を持っていても楽に室内に入る事が出来ます。特に夜間に帰った場合には、自動で電気が点灯するため快適です。

人感センサー付きの照明は、通常の照明よりもコスト的には高くなりますが、コストに見合った利便性があります。

勝手口については、ゴミ出しで多く利用する事から小さい段数の階段を設置しました。地面に降りるのに非常に便利でゴミ出しも大変便利です。

勝手口についても人感センサーを採用しており、夜間になると物や人に反応して照明が点灯します。冬場の朝にゴミ出しをする際にまだ暗いため人感センサーは、非常に役立っています。

玄関へのアプローチもお洒落なブロックなどを使いアレンジしました。見た目もお洒落で機能的な玄関にする事が出来たので大変満足しています。

玄関は、毎日通り来客時にも見られるため出来るたけ綺麗で整理整頓された綺麗な玄関にしておく事が大切です。コストは掛かりましたが設備もレイアウトもこだわって設計して本当に良かったと感じています。

玄関周りにこだわって良かった点

玄関は家の顔とも言えるとても重要な場所です。また、必ず通る場所であるためレイアウトや設備をしっかりと考えて必要があります。私の場合は、人感センサーや玄関クロークのスペースにこだわった事でとても快適な生活をすることが出来ています。

一生に1度のマイホーム購入ですので後悔しないような家づくりをする事が大切となります。こだわる箇所は妥協せずに決めていくと後々後悔しません。

【体験談】土間収納をどうしても作りたかった!

2017.12.10

【体験談】勝手口を暗証番号の鍵にしました!

2017.12.13

スポンサーリンク