【体験談】私が「注文住宅」に決めた理由、徹底した物件探しで「満足感」求め

暇さえあれば家探しの日々

私は大手ハウスメーカーと戸建ての注文住宅を新築契約し、約10カ月後に竣工に至りました。土地は東京都郊外の南多摩地域で探し、地元の不動産業者から購入しました。

戸建て購入を決めてから2年あまり。夫婦で協力しながら休日のたび、暇さえあれば「家探し、家探し」に明け暮れた日々でしたが、苦労の甲斐あり満足できる住宅購入ができたと考えています。



検討は2年間で延べ60件。徐々に思い固める

私が住宅購入を決断したのは、結婚から3年ほど過ぎた30代前半のころ。子供も2人を無事に設け、賃貸マンションの部屋も手狭になってきた時期でした。

勤務する会社では転勤時から5年間、家賃の半額を補助してくれる制度があります。当時の私は前回の転勤からちょうど3年目。当面は転勤もなさそうという事情もあり、補助が切れる前に住宅を購入したいという考えも動機づけの一つとなりました。

まず職場の同僚や友人ら、最近戸建てを購入した人にノウハウを相談。その経験談を参考に、その日からありとあらゆる住宅のチラシ、住宅会社や不動産業者のパンフレット、広告のたぐいをひたすら集めて回りました。そして週末の休みのたびに「これは」と思われる物件を夫婦で片っ端から実地に見て回ることにしました。

購入する住宅は最初から「戸建て」一本に決めました。交通や生活の便利さよりも、子供の教育環境や将来残すべき財産のことを優先したためです。多少通勤などが遠くなって不便でも、豊かな自然が残り、環境のよい平和な地域で子供を育てたいという夫婦の思いが一致しました。

探す対象は事前には定めず、とにかく目について興味が沸く物件であれば、中古の住宅だろうと、建築条件付きの分譲地だろうとかまわず実際に訪れ、営業担当と話をしました。

1年あまりで延べ50~60物件を見て回ったころ、ようやく案件ごとの特徴などが分かってくるようになりました。

例えば、大手業者による建て売り分譲は、確かに宣伝文句もうまく価格も手頃で、一見するとおしゃれな外観の家や街並みを表現していて魅力的に映ります。しかし家の中を詳細に検討すると細かな点はどうしても造りに荒さが否めません。

ある高級分譲住宅を購入した知人の話では、7000万円近い高額な物件にもかかわらず、入居後半年で壁から水漏れが起こり「激しくクレームを付けた」といったトラブルもあったそうです。

大手ハウスメーカーに依頼

一生で一番の高い買い物であり、少しでも不安は持ちたくありません。多少費用がかかっても納得できる家を買いたいという思いが先に立ち、私たちは、やはり知人の紹介でこれまで営業マンの話を何度か聞いていた、大手ハウスメーカーに本格的に家探しを依頼することにしました。

この営業マンは大変熱心な方で、土地探しや住宅ローンの種類、内装や外構のアドバイスに至るまで、こと細かに相談に応じてくれました。私が家について質問すると、私の勤務先近くまで来てくれ、昼休みなどに「宿題」を二人で解いたこともたびたびあります。

東京では、家を建てる上では大震災などの災害対策も重要です。その意味でもハウスメーカーはやはり技術面で優位性があるといえます。また注文住宅の場合、基礎工事段階から細かい内装の装飾に至るまで、施主があらゆる場面で立ち会えてチェックを行える安心感があります。

間取りや部屋の配置、収納やドア、照明の場所。あらゆることを一から、同社の1級建築士と膝詰めで考え、まさに「自分たちの手で自分たちの家をつくる」というイメージを実感できたのも、注文住宅ならです。

選ぶこと、法令などの学ぶことも多く大変ではありますが、半面で楽しさや「どんな出来上がりになるのだろう」というわくわく感も強い貴重な体験でした。全ての契約を終え、ささやかな地鎮祭を迎えた日の感慨はひとしおのものがありました。

ちなみに自宅の詳細データをご紹介しますと、東京・南多摩地域の土地は約130平方メートル、建坪は約100平方メートルの軽量鉄骨2階建てです。土地、建物と外構等を含めた費用総額は約5700万円。このうち4000万円を住宅金融支援機構の30年固定ローンで借りました。

細部へのこだわりが注文住宅の利点

注文住宅は、建て売り住宅より探し始める「手掛かり」が少なく、とっつきにくいという面はあるかもしれません。郵便受けやウェブで見る建て売りの広告は大変魅力的で、価格も手頃ですぐに飛びつきたくなります。しかし家は一生の買い物。数十年以上家族の命を守る大事な商品です。

そのため私たち家族は高くても品質にこだわりました。細部を自分で選び、自分だけの物件を作り上げられることも注文住宅の利点です。

2年近く徹底して家探しを繰り返し、最後にたどり着いた100平方メートル2階建ての小さな家ですが、手塩にかけたという思いもあり完成後は非常に満足感があふれる思いでした。

【体験談】建築士や専門家とタッグを組んで、希望の家を建てました

2017.12.19

【体験談】ライフスタイルの変化で、和室の使い道が3回も変化!

2017.11.13

スポンサーリンク