【体験談】注文住宅で建てたいなら土地探しは早めに行う!

新築一戸建てはまずは土地探しから

自分の新築一戸建て購入体験から言いまして、やはりまずは「土地探し」だと思っています。注文住宅で家を建てるにしても、まずは土地がないとマイホームを建てることができませんから。

そしてわが家は「注文住宅で家を建てたい!」という希望もありました。ですからこそ、なおのこと「土地の確保」が大事なのです。注文住宅で建てるのならばなおさら「土地探し」は重要ですから。



マイホームを建てる土地がない!

しかし土地探しは難航したのですよね。わが家は「子どもが小学校に入学するまでにはマイホームを持つ!」という具体的な目標がありましたので頑張りました。タイムリミットがあるからこそ頑張れるのです。

などと言いましても、のんびりとしすぎていたせいで、土地探しが難航したということもあるのですけれど。注文住宅でマイホームを建てた経験者の人の多くは、「マイホームはタイミングだよ」と言いますよね。

「ここに建てたい!」という土地にしても、出会いの縁のようなものがあるそうなのです。ですから、「探しても探しても全然土地が見つからない時もあるよー」「そうかと思えば、ひょんなところから土地購入の話がきて、それでトントン拍子にマイホーム建設へと流れていくこともあるんだからー」と、なぐさめられたこともありましたね。

家づくり経験者の人に聞けば、ほとんどの人が「タイミングとか縁のようなものがあった」と言いますからね。しかしうちに関してはなかったように思いますねー。先にも言いましたけれど、私たちの場合は「子どもが小学生になる前には家を建てたい!」という目標がありました。ですからこそ焦ってしまっていたのですよね。

それに、私たちは「この地域に建てたい!」という希望の学区がありましたから。やはりそれまで生活をしていた地域内でマイホームを建てたいと思っていたのです。そしてだからこそ、なかなか土地がなかったのですよね。だって結構な住宅街ですから…。

それに良さそうな土地を見つけても、値段がちょっと手を出せないぐらいに高かったりですとか…。やはり予算オーバーになってまで、マイホームを持つ目標の期日を厳守したくはないですよ。

せっかくのマイホームライフが住宅ローンの返済に苦しめられることになっては本末転倒もいいところだと思いましたから。

立地条件が良さそうな空き地を見つけたら、不動産会社に問い合わせることは行なっていたのですが、売値を聞いて「ノーセンキューです」になっていましたね。やはり住宅街でたまーに見る空き地は結構な値段になっていますので。

なお、「売地」という看板が立っていない土地を見つけた際には、その空き地の近所の人に持ち主について話を聞いて、それで連絡先がわかれば連絡を取るーという方法で問い合わせをしていました。
また、地元不動産屋さんに聞いてみたりと。空き地の持ち主と連絡取るまでも一苦労あったわけです。

そして、そういった「ここの立地いいなー」と思うような土地には、建売住宅が建っていたりするのですよね。ですからもう結末を言ってしまいますと、私たち家族は結局、建売住宅を購入したのです。子どものために学区と治安を考えて、立地条件を最優先にした末の選択です。

立地を考えて注文住宅を諦めて建売住宅で

そりゃあマイホームは一生に一度の買い物ですし、どうせならば注文住宅にて自分好みの理想のマイホームを作りたかったですよ。

けれども、そもそも「子どものために一戸建て住宅を建てたい」というところからスタートしているのですから、そこはないがしろにできないと思ったわけです。

駅や学校から遠すぎる土地は、子どもも友達とあそび辛くてマイナス要素だと感じましたし、そもそも学区を変えるのは治安も気になりましたので。ですから結局、一戸建て住宅は建売住宅の購入となりました。けれどそこまでの不満はありません。

しかし注文住宅にこだわる人にアドバイスをするのならば、「土地探しは早めにしておくことー!」ということですね。家を建てるのにはまずは何より土地がなくては不可能ですから。

【体験談】私が「注文住宅」に決めた理由、徹底した物件探しで「満足感」求め

2017.12.22

【体験談】新築する際の建物・土地・価格に関する注意点

2017.12.14

スポンサーリンク