【体験談】注文住宅での坪単価は参考になりません

坪単価を参考にしようと…

家を建てる時に、まず最初にメーカーや建築会社の営業の方から聞かれることは「ご予算はいくらくらいですか?」という言葉です。

当然私たちも聞かれたので、「出来れば2,500万円位から上限は3,000万円位までです」と伝え、そこから家についての希望を色々ヒアリングされました。そして営業の方は「とにかく希望は一応全部出してみて下さい」と。

私たちは考えていた希望を懸命に話し、建築士さんもそのことに応じようとしてくれました。家を建てると決めた時から、私たちは一応それなりに、色々調べて勉強はしていましたが、実際には具体的な目安になる知識に乏しく、坪単価という言葉が参考になるのかと思っていました。



希望をすべて盛り込み、予算オーバーでも契約しました

しかし、話を進めていくうちにどうも坪単価というものは、一戸建て注文住宅を建てるうえでは、実際にはほとんど参考にならず、やりようによって随分違うということを知りました。

水周り、外装、内装、屋根、床、壁、などをそれぞれ何にするのかによって建築費が大きく変わってきます。まず、自分の建てたい家の間取りや延べ床面積に対して標準仕様の物がどんなものなのかを知る必要があると思います。

希望をどんどん言っていくと金額もどんどん上がっていきます。先に希望していた物が出来るかもと期待で満杯になっていた頭から、金額が足りないのでそれは出来ませんといわれた時のショックはものすごく大きくて、何とか希望に沿った物に近づけて手に入れることは出来ないだろうかと悪あがきが始まります。

お金に余裕がなければ別ですが、少しだけお金に余裕があったので、一回膨らませた夢をあきらめることができませんでした。結局、風呂敷を大きくしてしまい予算をかなりオーバーしてしまいましたが、夢を実現させるためにもその見積もりで契約を結びました。

これから家を購入されるかたは、最初から現実的に出来そうもない大きな希望をあれこれ盛り込まず、堅実に考えて提案をしてもらうことが賢明だと思います。デザインも凝った形にすると人件費も施工に対しての手間もかかるので、建築士さんとよく話しておく必要があります。

注文住宅では坪単価は役に立たない

坪単価が参考になるのは建売住宅の場合で目安になると思います。
しかし私たちが建てた一戸建て注文住宅の場合は、標準的な仕様とは異なるため坪単価は当てにできず、予算を大幅に上回った状態の家が出来てしまいました。

途中で、予算オーバーをしたからといって思いを引き返すことが出来ず、結局お金を工面して、大幅予算オーバーした分を支払うことになりました。

出来上がった家への満足度は高いものの、よーく考えると、お金がかかった分当然のことでした。家が高くなると、当然建築士さんに支払うお金も大きくなります。諸々の経費にも影響してきます。

特に気をつけなければならないのは、自分達の身の丈に合わないほどお金を払わなければならないようなことがあれば、折角の家づくりも残念なことになってしまいます。

希望と予算のバランスを

一戸建て注文住宅の家づくりは自分達の思いをふんだんに盛り込めるので、楽しいのですが、反面、とても難しいです。

妥協点を見つけ、上手にコストを抑えてバランスのいい家を作るのがいいと思います。家族みんなで迷いながらも話しあって、十分納得した上で一歩一歩階段を上っていくように建ててもらうのがいいと思います。

最初の話に戻りますが、坪単価を目安にしてどのくらいの大きさの家を立てようではなく、出せる金額がどの位で、欲しい間取りでの標準仕様での設備等だと、どれくらいかかるのかを知った上で、しっかり計画したほうがいいと思います。

コンセントの数や、床面積にみなされない高さで物置を作ると税金が安くなるなどの利点もあり、融資を受けるなら固定性なのか、変動性なのかの金利についてや、税金のことなどについての勉強もしておいた方がいいと思います。

坪単価が安いとか高いとかにとらわれての家づくりではなく、中身をしっかり精査できる目を養ってほしいと思っています。しかし、私たち夫婦は家が建ってからでしか本当の坪単価を知ることができませんでした。(大きなことは言えないですよね)

【体験談】新築する際の建物・土地・価格に関する注意点

2017.12.14

【体験談】住宅ローン本審査落ちや想定外の費用も乗り越え、納得の注文住宅を購入!

2017.11.17

スポンサーリンク