【体験談】立地場所と環境にこだわり、納得の一戸建てを建てました

納得の家を求めて

東京都に住み40代の主婦です。夫と小学生の子供の3人暮らしです。私は生まれも育ちも、現在暮らしている地域です。主人は北海道出身です。

結婚をして、出産を機に一戸建てを探し始めました。一戸建てを探すときのアドバイスについて紹介させていただきます。



なぜ一戸建てにこだわったのか

私は生まれてからずっと一戸建てに住んでいましたので、将来自分も一戸建てに住みたいと考えていました。

2階建ての一戸建てですと、完全にプライベート空間が分かれます。マンションは同じフロアに共用スペースとプライベートが混在するので、他人にプライベート空間を見られそうで嫌ですし、また花が大好きなのである程度の広さの庭が欲しかったので、一戸建てを希望していました。

一戸建てを購入する場所について

主人が北海道出身なのですが、次男なので、家を継ぐ必要がありません。私も兄がいますので家を継ぐ必要がないのですが、実家の近くに一戸建てを買いたいと思って探しました。

なぜかというと、妊娠・育児期間は、母親に食事の世話や、赤ちゃんのお世話をいろいろと助けてもらったこともあり、今後も子供の預かりなどのお願いをしたかったからです。しかし、一番の理由は、私が両親から離れるのが寂しかったと言う事なのですが。

ですので、私の場合は一戸建てを探す地域が限定していたので探しやすかったです。これから一戸建てを探される方も、ある程度地域を絞ると探しやすくなります。

周辺環境について

一戸建ては駅から徒歩10分以内と決めていました。なぜかというと、実家が駅から30分の距離にあり、通学・通勤がとても面倒だったという過去から、できるだけ交通の便がよい場所に家を建てたかったのです。

また、新居は隣の家とある程度離れていることも条件にしていました。何軒も連なる建売を見ると隣同士の距離が近い物件もあって、それがとても嫌だったからです。プライバシーを守れないような気がしたからです。

あとは、近くに公園があることも条件でした。それは、子供に毎日のように外遊びをさせてあげたかったからです。公園が遠いと、外出するのが億劫になりそうだったからです。

このように、条件も絞ると物件も絞られてきます。

不動産屋の選び方

私は大手の不動産屋をおすすめします。やはり持っている物件数が多いからです。そして、営業マンもしっかりと知識のある方が多いと思います。

私も大手の不動産屋にお願いしたので、いろいろなアドバイスを伝授して頂き、物件選びに役に立ちました。

物件を見に行く

物件を見に行くのは大体日中です。もし、気に入った物件があったら暗くなってから見に行くことをおすすめします。なぜかというと、夜道が危なくないかの確認をしてほしいからです。街灯や、周辺の家の灯りの具合を知り、夜道で危険な個所はないかを調べます。

これは暗くならないとチェックできない項目ですし、営業マンもあまり把握できていない事柄だと思います。

これだと思う物件

物件を見ていくと、これが私の探していた物件だ!と思う家が必ずあると思います。やはり大きな買い物ですので、結婚相手と同様に“妥協しない”ことが重要です。

私もたくさんの物件を見ましたが、今の家以外は住んでみたいと思う物件はありませんでした。今の家を見に行った時は、家に入る前に、「あ、この家だ!」と直感しました。

この直感が働かない家は、買うべき家ではないと思います。

失敗したこと

今の家を探してくれた不動産屋の前に、お世話になっていた不動産屋の営業マンが押しが強く、見たくない物件も見に行ったりしました。

気の乗らない物件は、やはり見ても興味がありませんでした。きちんとNOと言えなかったばかりに時間の無駄になったことが失敗でした。

良い物件と巡り合うために

自分の一生住む家を見つけるのは、とても大変だと思います。先ほども書いた通り、妥協をしないことが一番大事だと思います。

希望の地域、譲れない条件を明確にして、物件を探してください。そして、良い営業マンを探すことも重要です。

いつかきっと自分の納得する家が見つかると思います。気を長く持って、妥協せずに探してください。

【体験談】注文住宅で建てたいなら土地探しは早めに行う!

2017.12.27

【体験談】理想のマイホーム造りはデザインとお金の両面から考える

2017.12.01

スポンサーリンク