【体験談】注文住宅を建てるには、資金と知識と決断が必要!?

注文住宅を建てるには、資金と知識と決断が必要!?

注文住宅を頼むには、手続きが必要です。そして手持ち資金と、決断を行うという資質も必要になるのです。

そして、住宅を建てるための基礎知識や準備も必要になります。設計士にどんどん注文をかけることは、お金があるからではありません。とくに、必要ないなら削っていいという取捨選択をする決断も注文住宅を建てるには必要な事なのです。



注文住宅を依頼するには

頼む時に必要な資質

注文住宅をまず設計の段階から依頼するには、専門業者として、工務店の一級建築士・二級建築士に頼む方法。若しくは、中規模のところで、アレンジのきく注文住宅に設計を組み直してもらう方法があります。

中規模の設計・建設会社に頼む場合は、独自のスタイルも持っているので、そこのモデルルームなどを見てみると良いでしょう。また住環境としての、構成。要するに、家族構成による間取りや、水回り環境の家族の操作性などは、注文する際によく話し合って詰めていきましょう。

設計士と言う人たちは、このようなコミュニケーションとオーダーを基に設計ができますので、少したいへんかなと思っても義理でという形にならないように設計のラフ画をよく描いてもらい、満足のいく形で見積もり計算まで摺り寄せる事です。

そして金額の事に関しても、ここは安くしていいと言った具合に、過度なセールスを回避しつつ予算内に納める交渉術も必要です。希望を伝えつつ、メリハリのきいた設計図を組んでもらう事が必要です。

重要なのは取引等も含めた交渉力(決断力)が、設計から契約までに必要とする資質になります。

頼むとき既に現金がなくてはならない

工務店や、中規模の設計会社に頼むときには、やはり人件費と言うものがかさみます。ですので、人件費分ぐらいの現金は必ず手持ちで欲しいところです。そのほか、建材に関しても、あるていど、担保なり現金での準備が必要です。

システムキッチン等になれば、あえて個別契約の話でも進みますので、設計・建築会社に任せっきりにするのではなく、ある程度、棟上げ以降進んできた時に、直接水回りの業者を建屋に呼ぶことも可能になります。この際、土地の事もありますが、そのことは土地の使用権をもっているだけでさほど問題にはなりません。

自分の住む家になるということで、ほどほどに偉そうにしても誰も文句は言いませんので、現金で払っている感覚があれば、工期途中いつでも内覧するくらいの意気込みは必要です。そして、設計の段階のラフ画と違っているような所があれば、設計士に連絡するなど必要です。

そしてクロス・壁紙の変更についても、貼る前であれば、事前に設計・施工会社に連絡を入れて柔軟な変更を利かすようにしましょう。たいていの希望は通ると思います。

それには、やはり現金の手持ち金が必要と言う訳です。

注文住宅でよかったこと

注文住宅でいいのは、住み始めてから、そしてかなり長期的に住む状況になる時に、使い勝手がいいというスタイルが常時継続することです。

これは、あてがわれたようなマンションとは全く違っています。自分の住環境・ライフスタイルに合わせて特注が可能であり、そして住みやすさと言う点で一生その土地に長く住めるようになるのです。

これには、家族構成や将来がどうなるか分からない場合もありますが、一人暮らしで老後差し掛かることも想定に入れて、たとえば「キッチンが好き」であるとか、独りの部屋で本を読みたいというような、個人的な絶対に欠かせないことを注文すると、設計士としてもその意向を汲むことができます。

【体験談】新築する際の建物・土地・価格に関する注意点

2017.12.14

【体験談】家を購入した時に、私が経験した4つの事

2017.11.19

スポンサーリンク