【体験談】外構費用と希望の間取りや設備で、家の価格が跳ね上がる!

一戸建てを建てるときの予算計画

新築一戸建てを建てるにあたって気にしておきたいのが、その価格です。一戸建てを建てる際には、きちんとした予算計画を立てなければなりません。

私は、以前新築の一戸建てを購入しましたが、失敗をしてしまったことと逆に成功した部分があります。そこで、新築一戸建てを購入する際に、大切なことなどをご紹介したいと思います。



自身が思い描いていた価格や相場

私は、新築一戸建てを大手のハウスメーカーである、セキスイハウスで購入しました。この際に、自分が思い描いていた金額ですが、大体土地の価格も含めて、3~4千万円程度かなと思っていました。しかし、実際は、6千万円ほどの価格になってしまいました。

思っていた価格よりもかなり高くなってしまったのは、やはり土地の代金が少し高かったということ、また大手のハウスメーカーはいくら割引があったとしても、割引できるところまでが決まっているということ、またさらに外構費用だったり、付属工事などの費用がかかりました。このため、思い描いた価格よりも高くなってしまいました。

しかし、後から調べてみると、大体の相場でこのぐらいの価格ということを知りました。その周辺の地域での相場というものをもう少し最初に調べておけば良かったな…と後から後悔をしてしまったことがあります。

想定外の費用とは?

私が主に想定外だった費用は外構費用です。こちらの外構費用は、それほどかからないだろう…と見通しを立てていて、それほど予算計画には入れていませんでした。

しかし、外構費用ですが、私たちが購入した土地は少し坂になっていて斜めの土地でした。このため、土地を固めるための外構の費用がかなりかかってしまいましたし、家を建てる際の、基礎工事なども通常よりも高くなってしまいました。

住宅を建てる際の、大体の坪単価を調べてみたのですが、このあたりの費用は想定外でした。

また、理想とする間取りがあったのですが、その間取りを取り入れようとするとかなり金額が跳ね上がってしまいました。間取りは注文住宅ならばぜひこだわりたいものですが、自分たちの要求を入れようとすると、それだけ費用が高くなってしまい、結果的に総合的な価格が高くなってしまうことになりました。

また、一般的な費用もそうですが、色んなオプションなどを付けようとすると高くなってしまいます。たとえば、窓硝子などは防犯ガラスや磨り硝子にしようと思おうと、それだけ金額が上がってしまいます。

また、シャッターなども全ての窓に付けようとすると、それだけ高くなってしまいました。防犯面などもしっかりとしようとするとそれだけ費用が高くなってしまいます。

また、細かい点ですが、浴室乾燥機だったり、床暖房などを付ける場合、その面積を広げれば広げるほど高くなってしまいました。

その体験から得られた結果

このように、私たちは最初に大体このぐらいの価格だろうと思っていた価格よりも圧倒的に高くなってしまい、びっくりしてしまいました。

注文住宅を建てる際には、土地の形状だったり、坂になっていないかなども考える必要があります。土地の形だったりなどによっては総合的に高くなってしまうことが分かりました。このため、最初に予算計画を立てていても結果的に高くなってしまうことが多いと思いました。

新たに一戸建てを購入する人へ

これから新たに一戸建てを購入する人へのアドバイスですが、土地の形状だったり、そういったものでも、総合的な費用が変わってきます。

一戸建て住宅を建てる際には、ハウスメーカーの坪単価だけで決めてしまいがちですが、外構費用などが結構高く付いてしまいがちですので、そういったことも考えておく必要があると思いました。

【体験談】注文住宅での坪単価は参考になりません

2018.01.02

【体験談】想定外の地盤調査結果、補強工事による追加費用は辛い

2017.11.20

スポンサーリンク