【体験談】子供部屋は狭い方が良い!?

子育てと耐震・防災を考えて

娘が小学校に上がる前に、一戸建てに引っ越したいと思っていました。もちろん、小学校の途中で転校するのは可哀そうと思ったからです。

一戸建てを建てる際は、何度も住宅展示場に足を運び、どんな家が良いか家族で話し合いました。決めては「耐震」と「防災」です。

地震にも火事にも強いことが、小さい子供がいる我が家に必要と思ったので、多少坪単価が高いけれど、安心のできる住宅メーカーに決めました。

見学会で実際に壁を燃やす実験を見たり、今現在そのメーカーの家に住んでいる方を紹介していただいて、色々と話が聞けたのも良かったです。



子供部屋は狭い方が良い?

実家が郊外に畑を持っていたのですが、父が高齢となり畑仕事も出来なくなったので、その土地を貰うことにしました。

久しぶりに、その畑に行くと周りに家が建っているので驚きです。近くにスーパーや小学校、病院などが建ってきたので、急に人気が出たのでしょう。

今まで住んでいたマンションは小さい子供達が多かったので、一戸建てとなると近所に友達が出来るかどうか不安でしたが、近くに公園もあり幼稚園生や小学生も遊んでいるので、心配することは無かったのかも知れません。

住宅展示場の家は、どこもかしこも大きくて素敵ですが、実際の家はそうはいきません。一般の住宅はそれほど大きくないし、予算にも限界があるからです。

でも娘の子供部屋は欲しいと思って、設計士さんにお願いしました。すると「お嬢さんの部屋を南向きにしたいというのはOKです。でも子供部屋はあまり広くない方が良いですよ」と言われてしまったのです。

「この家は小中学校に近くて便利です。友達も遊びに来るでしょう。部屋が大きくて友達が来やすいと、溜まり場になってしまう可能性がありますよ」と言われた時は、少しビックリしました。

「最近の子はゲームをやりに来ることも多いのです。仲の良い子ならまだしも、ゲームやりたさに、面識の無い子も一緒に来るって話も聞きます」「場合によっては、その家の子がいなくても、ゲームやりたさに訪ねてきますから、まずは溜まり場にならないように気を配った方が良いですよ」と、最近の子供事情を教えてくれました。

子供部屋の代わりに、居間を広く、明るく

結局、設計士さんの意見を参考にして、娘の部屋はクローゼットの他はベッドと机を入れたらそれで終わりという、小さな部屋になりました。もちろん鍵も付けません。思春期になったら娘も不満に思うこともあるでしょうが、その時になったら考えるとしました。

実際住んでみると、娘の場合は女の子ということで、それほどゲームをやるためだけに来る友達はいませんでした。

ただし、お隣の小学生の男の子のいる家は、設計士さんのお話のとおり、休みの日は子供用の自転車が玄関前に並んでいます。

お隣の奥さんの話だと「息子の知らない、学年も違う子が誰かに誘われて来るので困る」ということです。どこの誰だか分からない子にも、飲み物やオヤツを出すのも大変だし、そういう子に限って中々帰らないので本当に困る・・・とも言っていました。中には中学生も来るとか。

お隣は家も大きいので、きっと子供部屋も広くて、友達がワイワイ集まっても楽しく、過ごしやすいのでしょう。子供部屋設計の段階で、色々と教えてもらって本当に良かったです。

子供部屋は適当に狭く、部屋にいづらい方が、部屋に引きこもらずに家族と一緒にいるとも言われました。確かに娘は居間にいることが多いようです。本当に勉強をする時だけ自分の部屋に行きますが、後は友達が遊びに来た時も居間で遊んでいます。友達と宿題をする時も。

子供部屋が狭い代わりに、居間は広くて明るいように設計してもらいました。キッチンの隣で、家の動線の中心となる場所にあります。使いやすい居間が我が家の中心です。

【体験談】庭とペットと子供部屋で、子育てにふさわしい環境を!

2018.01.10

【体験談】ライフスタイルの変化で、和室の使い道が3回も変化!

2017.11.13

スポンサーリンク