【体験談】断熱性能の高い素材を利用、その成功と失敗!

建築条件付きの分譲住宅を購入

多くの人は住宅を購入するのは一度きりです。「家は三度建てないと満足したものはできない」とも言われます。

私はいわゆる建売住宅ではなく、建築条件付きの分譲住宅でしたので、ある程度建てる前に部材の自由がききました。

こだわった部分は多いのですが、その中で断熱に関することと、こだわりながらも悔いの残った部分をご披露したいと思います。



断熱へのこだわり

新築住宅を購入するにあたり、住宅に関する本を読んだり、インターネットで情報を探したりといろいろ勉強しました。その際に興味を持ったのは、「断熱」でした。

家全体を断熱することで夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができる。結露を防ぎ、健康的に暮らすことができる。そんなことが書いてありました。

せっかく大金を払って家を購入するのだから快適に暮らしたい、エアコンなどの冷暖房機器はなるべく使わずに生活したい、そんな風に考えました。そこで追加料金を支払い、断熱性能を強化することにしました。

壁と床

まずは断熱材です。通常のグラスウールではなく、密度の高い高性能な断熱材を使用しました。

この断熱材は今でも十分に役に立っていると思います。実家や弟の家と比べても暑さ寒さをずいぶんと軽減してくれています。壁と床は高性能な断熱材を使用することで強化されました。

窓の断熱とつまずき

次は窓です。窓は家の中でも熱の出入りが多い場所です。窓は単価も高く、断熱の観点からは減らしたいものですが、日照や通風を考えるとそうもいきません。

また、日本の家は南側に大きな掃出し窓があることが多く、今回も家族の反対でそのスタンダードから外れることはできませんでした。

窓も断熱性の高いものを選びました。しかし、ここでその後何年も悔やむ失敗をします。それは断熱性能の見誤りです。

断熱性能は熱貫流率であらわされ、商品には星の数で表示されています。断熱性能について実感がわかなかったことと、コストダウンの必要性から、南側と西側は断熱性能の高い窓にしたのですが、東側と北側は断熱性能の高くないものを選んでしまいました。

夏を基準に考えればこれでもよいのですが、冬場には対応できませんでした。住んでいる場所は冬季でも雪が降ることがまれな太平洋側です。それでも北風がまともにあたるので相当寒くなります。

また、窓のガラスの性能は気にしていたものの、サッシ部分の性能まではあまり考えていなかったので暖房をすると結露する場所もいくつかあります。

結局、南側のリビングと北側の廊下、洗面所との温度差は予想よりも大きなものになってしまいました。階段からのコールドドラフトも発生します。せっかく断熱性能にこだわったのに中途半端なものになってしまいました。

これから家を建てる人に

これから家を新築する人は期待と希望がいっぱいだと思います。あんな部屋に住みたい、こんなリビングにしたい等いろんな考えが浮かんでいると思います。

専門家や工務店に相談すれば思い描いたもののほとんどはかなえることはできると思います。ですが、すべての思いを伝え、それを具体化することはなかなか難しいと思います。

家を何度も建てた人でない限りはどこかで自分の思いとは異なる部分が出てきます。それをずっと後悔するか、リフォームなどで修復するかは住んでいる人次第だと思います。

かくいう私も断熱の弱い窓にしたこと自体は今でも後悔していますが、その後カーテンをつけたり、二重窓にしたりといろいろ対策をすることによって暑さ寒さはかなり軽減されています。

100点満点を目指しながらも100点はなかなかとれないものと思い、減点が出たらそれをどのようにリカバリーしていくかが大事だと思います。一生に何度もある訳ではない住宅の購入、悔いのないように、悔いがあってもなるべく少なくなるように頑張ってください。

【体験談】おしゃれな空間にこだわった結果、まるで外にいるような寒さに

2018.01.30

【体験談】注文住宅でオーダーメイドのマイホームを

2017.12.28

スポンサーリンク