【体験談】木材を特別なものにした成果といまいちな部分

木材へのこだわり

木材には天然木として杉、ヒノキなどの多くの種類があります。また、集成材などの人工木も数多く出回っています。

当たり前の話ですが、木造一戸建を建築する際には木材はとても重要になってきます。家の柱にどんな木材が使われているか、なんて気にしない人もいます。

ただ、せっかく高いお金を払って建てる家なのでこだわるところはこだわろうと思い、私は木材からこだわってみました。

結果的にこだわって正解だったところ、別にそこまでしなくてもよかったところ、様々ですが、これから家を建築、購入される方参考になればと思います。



柱と土台、天井、そしてフローリングの素材へのこだわり

建築を依頼したのは、木造住宅が得意な地元の工務店。昭和の頃からの職人さんが今でも現役の、当時でも珍しい職人気質の業者でした。建築条件付きで土地を購入したのですが、地元の業者さんだったので比較的自由がききました。

木材については、自分でもいろいろな本やインターネットで調べました。工務店の方もいろいろと提案してくださり、柱は杉、土台は米ヒバ、天井には米松の丸太と材料にはこだわりました。

和室は柱が見えるので特別にヒノキの等級の高いものを奮発しました。日本人は縄文時代以来、木の家に住んでいるのだから、木の家に住みたい、そして木材にはこだわりたいと考えていました。

床もフローリングにしました。ヒノキのフローリングはメンテナンスフリー、防虫効果も高くてずっと使える、そんなフレーズが本やネットに多くありました。

値段はそれなりに張りましたが、いつも目に見えるし、肌に触れる場所。ここだけはお金をかけなければとかなり無理をしてヒノキのフローリングにしました。

こだわってはみたけれど

そんなこんなで完成してみると、確かにいろいろ木材にはこだわりましたが、思い通りいったところとそうでないところがありました。

まずは、柱です。当たり前のことですが、今の住宅は大壁といって柱を壁の中に入れてしまい、柱は見えない構造になっています。なので、せっかくの杉、米ヒバは全く見えません。

土台や天井は大掃除の時にちらっと見る程度です。完全に自己満足ですね。もちろん、性能的には他のものと変わりません。実は天然の無垢材よりも集成材の方が反りは出にくく、品質も均質らしいのです。

でもこだわりの強い大工さんは外聞を気にして使いたがらないという話も後から聞きました。こだわりもほどほどがよいようですね。

柱に比べてフローリングは健闘していると思います。防虫効果は正直疑問ですが、肌触りはとてもよいものです。

どうしても傷がついてしまい、しかも時が経つにつれてどんどん増えていきますが、これはどの素材であっても同じなので仕方ありません。日焼けをしたり、雨があたってしまったところは水の跡が残ったりといろいろな変化があります。

しかしそれは自然の風合いであり、今では、天然素材なので日光があたり、雨にぬれれば変化するのは当然と考えています。

工場で張り合わせたフローリングではこんな風にはいかないようです。自然の風合い、自然に劣化というか変化していくのは天然素材ならではだと思います。

これから家を建てる方へ

これから家を購入される方は期待に胸ふくらませていることと思います。私もそうでした。限られた予算の中、どこにお金をかけ、どこをコストダウンするか。悩まれているかと思います。

注文住宅だけでなく、建築条件付きの分譲住宅でもある程度の設計・仕様の自由度はあるので、悩ましいながらも楽しい時間かと思います。

木材にこだわってみましたが、効果は確かに疑問ですが、失敗だと後悔はしていません。後から笑い話にできる程度であればいろいろ試してみるのもよいかと思います。思いがけず便利だったり、快適だったりするかもしれませんよ。

【体験談】ウッドデッキを自作し、住宅予算を抑えました

2018.01.22

【体験談】子どもの成長に良い影響のある家とは

2017.12.03

スポンサーリンク