【体験談】アウトドア用品の収納のためにも一戸建て住宅!?

たっぷり収納が必要だから一戸建て住宅って!?

わが家は…、というかうちの旦那の場合はまさに「趣味を生かすための新築一戸建て住宅」ですね。

うちの旦那はアウトドアの趣味があるので、それで「集合住宅では無理」になったということも、新築一戸建て住宅を建てた理由でもありますから。

マンションなどの集合住宅では不可能で、一戸建て住宅ならば可能なことといえば、やはり「ドカンと大きな収納」でしょう。

そしてアウトドアの趣味といえば、大きな収納が不可欠ですから。その点においてやっぱり一戸建て住宅でなければならなかったと、旦那は考えたわけなのですよね。



アウトドア趣味の置き場所として土間収納

マンションなどの集合住宅でも、アウトドアの収納はできることにはできるのです。ただ、集合住宅の場合ですと、収納スペースとして大きなスペースは割り当てられてはいないのです。

ですから必然的に、アウトドア用品は、入らないので収納スペースではなく、室内にもってくることになるのです。

まあ一応収納はできていますよ。ただ、これってかなり面倒ですよ。室内に運び入れるために、狭目の玄関でキレーイに拭き掃除までしなくてはなりませんから。

というか、掃除の面倒くささもありますけれど、リビングルームやベランダに旦那の趣味のアウトドア用品があるって、かなり邪魔なんですよね。

だからこそ、「屋外に大きな倉庫とか建ててそこに放り込んでおいてよ!」と思ったのです。

旦那のアウトドアの趣味だけが一戸建てマイホームを建てた理由ではありませんが、しかしながら家に付随している大きな収納は、まさいく「旦那のアウトドアの趣味のための収納」ですからね。

わが家は土間からつながって、住宅の角っこ部分に大きめの収納が用意されています。いわゆる土間収納というやつですよ。土間とつながっていて、モルタル仕上げの床で、そして端っこには水場もついています。

旦那のアウトドア趣味のグッズは、屋外で雨ざらしにすることは避けたいということでした。しかし、住居とは別に倉庫やガレージを用意するのは躊躇しました。なぜならお金がかかるからです。

土間収納にしても、作らないことに比べたら、そりゃあお金はかかるのですが、しかし屋根を分けて収納を作ることに比べたら、使う費用は随分と抑えることができます。だからこその土間収納です。

また、土間収納にすれば屋根が一続きになっていますので、旦那のアウトドア趣味のグッズの点検を行うのも、本人曰く「手間じゃなくて良い」ということでしたからね。

それに、これはもう結果論なかもしれませんが、広めの土間収納を作ったことによって、濡れた靴や傘などの置き場所が楽チンですね。

乾くまでは広々土間収納部分に干しておけばいいですから。水場もありますので、将来子どもの少年団のグッズも洗って干しておくことができますからね。

ちなみに、水場として用意したシンクは中古厨房機器店で購入しました。結構なお値打ち品が出ているのでオススメです。

それに新築でマイホームを建てていますので、家の建設時に大工さんにお願いして一緒に工事をしてもらったので、後付けするより楽チンです。

今では旦那の趣味用品以外の置き場所としても活用

以上のように、「旦那のアウトドア趣味のための収納スペース」として、土間収納を用意したわけですが、しかしアウトドア用品の置き場所としてだけではなく、今ではすっかり生活の中で活用されていますね。

実は最初に「土間収納をこのぐらいのサイズで作りたい」と聞いた時は「ええー!無駄に広いじゃん!」と思ったものです。しかし、子どもがいれば、とくに男の子がいれば、土間収納は広めで正解だと今ものすごく感じていますね。

旦那のアウトドア趣味を考えての一戸建て住宅設計でしたが、結果オーライになっています。

【体験談】収納スペースを確保してスッキリとした家を

2018.02.08

【体験談】土間収納をどうしても作りたかった!

2017.12.10

スポンサーリンク