【体験談】マンションでできなかった、ウッドデッキでのバーベキュー!

マンションでは出来なかったこと

私は現在40代半ばのサラリーマンです。現在、妻と小学生の長男、そして幼稚園児の長女の四人家族です。

私たち一家は、以前はマンションで暮らしていましたが、長女が生まれると、当時のマンションがかなり手狭になりました。そこで、実家の両親がちょうど引っ越しする話もあり、実家を取り壊して、注文で住宅を建てることにしました。

マンションは実は購入したマンションであり、ローンの借り入れも残っていたので、マンションを売却して、ローンの残債を無くすことが条件でしたが、無事に希望額でマンションを売却できて、念願の注文住宅を建てることになりました。



注文住宅を建てる際にこだわったこと

注文住宅を建てる際にまずこだわったのは、部屋の広さと収納の多さでした。

もともと注文住宅を購入することに決めたのが、マンションがてぜまになったことだったので、ここは真っ先に拘りました。

ただし、部屋の広さと収納だけで、高いお金を出して注文住宅を建てるのはもったいないと、私と妻は、マンションでは出来なかった私たちの趣味が活かせる家を建てることにしました。

マンションで出来なかったこととは、五階だったので庭がなくて、出来なかったことです。マンションにもベランダはありますが、出来ることは知れていたので、出来るだけ庭に拘ることを考えました。

まずは、庭を有効に活用するするために、私たちは大きめのウッドデッキを作ることにしました。

このウッドデッキがあれば、庭でいろんなことをする拠点になりますので、少々大きめにウッドデッキは設計してもらいました。

このウッドデッキと庭を使い、私たちが最もしたかったことは、バーベキューでした。したがって、ウッドデッキのすぐ横には水道を設けて、バーベキューに必要な水場を確保し、使いやすい導線になるよう、工夫しました。

そして、マンションでは収納が少なく、バーベキューに必要不可欠なコンロを置く場所もなかったので、大きめの物置を設置し、コンロや炭などの収納もしやすくなるように工夫しました。

また、バーベキューをするにあたっては、最近では虫除けも電気を使ったものも出てきています。また、夏場の暑い日は扇風機が欠かせませんので、電気の口も、外に3つ程設けました。

そして、夏と言えば日差しです。こちらも、庭に備え付けのパラソルを設置し、夏の日中でも、バーベキューを楽しんでいます。

念願かなったバーベキューですが、やはり家族で、手軽に楽しめて、最高です。子供もまだ小さいので、大変喜んでいて、普段あまりたべないのですが、外でバーベキューをすると、いつもの倍以上たべてくれるので、嬉しい限りです。

家庭菜園を実現

そして、私たちがもう一つこだわったのが、庭での家庭菜園です。

マンションのベランダでも、ハチに野菜を育てることをしましたが、やはりベランダだと、たかが知れています。したがって、庭の設計時に、家庭菜園用のスペースを頼み、土も家庭菜園ができる土に、その一角は変更してもらいました。

ウッドデッキの横の水場から、ホースで水をやるのも楽で、本格的な家庭菜園を手軽に楽しんでいます。

なお、バーベキューをやる際に、とれた野菜を使用すると、やはり買ったものより倍美味しく頂けます。具体的には、ピーマンや茄子は、家庭菜園でとれたものを使用して、食べています。

そして、やはり子供は普段ピーマンや茄子は食べないのですが、その場で収穫して、焼いたピーマンや茄子は食べてくれるので、思わぬ副次的な効果に妻と喜んでいます。

注文住宅で趣味を具体化

注文住宅を建てるというと、ついつい家自体の設計に重きを置いてしまいがちです。

私たちも実際にそうでしたが、家を設計する際に、デザイナーの方が趣味について質問してくれ、それを具体化してくれて大変感謝しています。

【体験談】ウッドデッキを自作し、住宅予算を抑えました

2018.01.22

【こだわり】カーポートを設置してバーベキューを楽しもう

2017.11.03

スポンサーリンク