【体験談】ガーデニングは庭なし一戸建てでもできる!

絶対に一戸建てを購入するぞ

28歳で結婚して、30歳で一人目を出産。35歳になって、主人と私の貯蓄もある程度貯まり、ついに家を買うことにしました。

まずはマンションか一戸建てか?という事で話し合いがなされましたが、私は「絶対に一戸建て!!」と譲りませんでした。その結果一戸建てを購入できて、今ではそこで生活しています。

私がどうしてそれほどまでに「一戸建て」に拘ったのかというと、私がガーデニングをしたかったからです。

一戸建てを建てる前までは、アパートに暮らしていましたがバルコニーが少し広かったので、そこでささやかにガーデニングの真似事のようなことをしていたのですが、家を買うなら絶対に、思い切りそういった趣味を続けられるものを、というのが私の強い希望だったのです。



ガーデニングのために庭付き?屋上?

まずは私は「庭付き一戸建て」にこだわっていました。ガーデニングや家庭菜園をするのだったら、絶対に庭がなければだめだと思ったからです。

しかし、実際はとにかく……土地が高い!都心から少し離れた場所でも、満足にガーデニングや家庭菜園を楽しめるような土地を買うことはさすがにできないと思いました。

そんな時に、夫からの提案だったのは、「屋上菜園」です。

なんでも、今は「ルーフバルコニー」とか呼ばれたりもしていて、かなり人気も高まっているという事なのです、実際、私と同じように、家庭菜園を楽しみたいのに、土地が買えない……という人が多くいるのでしょう。

私はすぐにその話に飛びつき、それしかない!と思いました。しかし調べてゆくとリスクもかなりあるようなのです。

「屋根がない」という事なので、雨漏りなどのリスクや、単純にバルコニーの痛みが早くなるという事なのです。考えてみれば、その通りだろうな、と思いました。

夫も心配はしていましたが、私は絶対に実現させたいと思うようになり、その点は許してくれました。

コストもなんとか安くあげられるように設計してもらって、(もちろん、それでもかなり高いですが……)すばらしいルーフバルコニーを実現することができたのです!

私の思い描いた通りの家になり、私はすぐにプランターを購入して野菜や花などを植え、たくさんの植物を育てています。

始めは私がただ単に楽しむだけのためのルーフバルコニーでしたが、実はこれを作ったことで楽しめたのは私だけではありません。

まずは夫が、天気のいい日にどこにもいないぞと思うと、たいてい日向ぼっこをして寝ているのがルーフバルコニーだし、騒がしいなと思っていたら夫と息子とでサッカーをしているなんて言う事もしょっちゅう。それは危ないから辞めて!といっているのですが、まだ子供は小さいので。

育てた野菜などをささやかながら収穫して、ご近所さんを呼んだり親せきを読んでバーベキューをすることもよくあります。

私だけではなくて、この家に来る人みんなが楽しめるバルコニーなんだと実感して、とにかこの設計にしてよかったな、と思います。

この家を建てること、すごく悩みましたが、本当によかったし、子供も喜んでくれて幸せです。

まとめ

一戸建ては、人生の中で一番高い買い物だと言われています。だから、簡単に「趣味のために家の設計を考えろ!」と断定することはできません。

例えば、その趣味のために特殊な設計をすることで、非常にコストがかかったり、耐久性の面からもおススメ出来ないこともあると思います。

今回の件でも、かなり悩みましたし、実際やはり耐久性としてはデメリットも多くあるのです。

しかし、一生に一度しか選ぶことができないとなると、やっぱりそこで妥協するのはよくないと私は思います。ご自身のしたいことに一番合った家選びを、妥協なく追及することをお勧めします!

【体験談】マンションでできなかった、ウッドデッキでのバーベキュー!

2018.02.17

【体験談】家に求めることを把握し、自分の考えで理想の住まいを!

2018.02.10

スポンサーリンク