【体験談】住宅展示場での体験と、確認すべきポイント

23歳で夢のマイホーム

只今、マイホーム建築の真っただ中、ちょうど1年前に住宅展示場に足を運びました。注文住宅か建売かまだ何もわからないまま軽い気持ちで行ったのがきっかけです。

初めての住宅展示場はとにかくたくさんのハウスメーカーがあって、私は10件ほど何日もかけ覗いてみました。

住宅展示場ということもあり広めに作られていますが、綺麗で広々とした玄関に入るとわくわくしはじめます。



住宅展示場で体験

住宅展示場に行くとすぐに営業マンがついてくれて、どんな家がほしいかなどのアンケートの記入を求められます。部屋の説明、そのメーカーの推しているところなどを説明されますが初めて行くと何がなんだか難しい話です。多かったのは地震関係で、耐久性の話とゼロエネルギーといった高性能設備の話でした。

まず坪単価を各メーカで聞きますがおよそであって実際もっとかかります。

大手のハウスメーカー、ローコストのハウスメーカーのどちらも拝見しましたが、大手のハウスメーカーは作りが本当にお洒落で、高そうにみえます。そして営業もすごくすごく丁寧です。

まずどこのハウスメーカーでも簡単な打ち合わせがあります。家族構成、職業、予算、だいたいの間取り、つけたいもの、月々のローン、土地についてなどなど。

そしてどこも連絡先を聞かれ次の予定を決められるといったなかなか逃げ切れないのも印象的です。もちろん、お断りもできます。イベント期間中や帰り際にはお土産までくれるメーカーさんも多数です。

私は流されるまま大手ハウスメーカー2社と打ち合わせを交互に2か月近く行い、休みのたびに住宅展示場、土地探しを行いました。

どちらとも人当たりのいい営業マンさんで、一生懸命見積もり間取りを考えていただきましたが値段が高すぎて、このままでいいのかと悩む日が続いたのを覚えてます。

ローコスト住宅に

ただ今思うとこちらの大手2社にしとけばよかったと後悔しています。

2か月ほど打ち合わせ、実際の家を伺わせていただきながらも金銭面的に悩み、住宅展示場の中にあったローコスト住宅にも足を運んでみました。

すると坪単価も安く、大手のからくりなどを聞いてしまいローコスト住宅でも良いのではないかと考え、こちらでも打ち合わせをはじめました。

どこのメーカーでも他の各メーカーのデメリットは言われます。自分の欲しいものに関係ないデメリットなら良いですが…。

ここのローコスト住宅の営業マンは大手と比べラフな感じだったのも覚えてます。それに乗ってしまったのは落とし穴でしたけど…

ただ、紹介してくれた土地の中で一番気に入った場所が見つかり悩んだあげくローコスト住宅の気に入った土地に決め契約も決めてしまいました。流れにのるとはやいものです。

決めたものの、大手の営業マンはあきらめずに数か月連絡してくれました。たくさんのハウスメーカーをまわった中、そして建築する前に感じたのは営業マンとの相性です。本当にあたりとはずれがあると思います。

住宅展示場で聞いておきたいポイント

住宅展示場に行く際はまず調べてから行くことをおすすめします。

坪単価はあくまで仮ですが、ローコストでさえ、実際の坪単価は倍以上でした。

そして何度も住宅展示場に足を運ぶことと軽い気持ちではいかないことです。みなさん必死に営業してくれるので抜け出せなくなる場合もあります。そして家が無性に欲しくもなります。

住宅展示場の建物の中はどれも高い設備なのですごくよく見えますが、実際建てて良い設備をいれるとなると住宅ローンの高額支払いが待ってます。

住宅展示場で聞いておきたいポイントの1つとしては、デメリットや今まであったクレームです。営業マンは良いことはたくさん教えてくれることは当たり前なのですが、デメリット、クレームは聞き出さないと教えてくれません。

また、あとは実際建てた方の意見を聞くのが一番信用できると思うので、打ち合わせをしていくの中で聞いてみるとよいです。

私は契約までは良かったものの、結局は営業マンの方がはずれで、説明不足やらで完成までに1年かかることになりました。当初の予定よりも5か月先です。

時間をかけ慎重にマイホーム選びをすることを皆様にお伝えしたいです。

【体験談】家づくりの最重要注意点は“お金”!?

2018.01.27

【体験談】住宅展示場で確認すべき4つのポイント

2018.01.23

スポンサーリンク