【体験談】学区と利便性とご近所を見極め、妥協しない家づくりを!

人生で一番高いお買い物一戸建てマイホーム

マイホーム購入。大抵の場合、人生で一番大きな買い物だと思います。私は20年前に一戸建てを購入しました。その時の経験を踏まえて、思い出して、書いてみたいと思います。



子供の教育環境

一戸建て購入する時、まだ子供がいなかったのですが、将来授かるであろう子供の学校の事でした。公立だと良い学校が近くになるのか?私立にしても通いやすい場所かどうか?学校事情はそのまま環境の良し悪しにも繋がると思います。

何故なら、環境の良くないところに良い学校は無い場合が多いからです。でも、学区に良い学校がある所は当然、家の大きさに対して値段は各段に高くなります。

利便性と家の大きさ、どっちを重視か

次に交通の便。通勤しやすいか?通勤する場所にもよりますが、立地が便利なら便利なほど、家の値段は上がり、敷地は小さくなるのが普通です。

同じ値段の家で、大きな都市に簡単に出ていける範囲で家の大きさを妥協するか、少々不便だけど家の大きさをとるか?の選択は一戸建て購入を考える時のかなり大きな選択だと思います。

私の場合は、便利な立地にあって凄く気に入った物件がありました。しかし、その土地は地域の一番人気の小学校の学区にギリギリ入ってなくて、運次第という場所だったのです。

それで全く同じ値段で、校区にギリギリ入っていない若干大きい今の家と、学区にバッチリ入っているけど若干小さな家の二つでかなり迷いました。

結局、校区ギリギリ入ってないけど便利な立地と家が理想的だったので、そこに決めました。

一かばちかの賭けでしたが、結局、第一希望の一番人気の幼稚園・小学校に入れてラッキーでした。ご近所に子供がいれば、校区ギリギリの立地でしたら、どの小学校に通っているのかのチェックは重要です。

ご近所をしっかりと観察

あと、ご近所です。引っ越してから発覚したら大変な一大事でもあります。迷惑な人とか、騒音とか、ご近所トラブルは本当にストレスの種になります。

家を買ったら、そう簡単に近所に嫌な人がいるからと引っ越しはできません。隣近所にどんな人が住んでるのか、購入を決める前に要チェックです。

勿論、どこでも周囲に良い人ばかりが住んでる…という事は滅多にないとは思いますが、凄く気が合いそうとまではいかなくても、何とかやっていけそうか、否かは、特に女性の判断に大きくよるものですから、奥様は特に気をつけて観察必須。

ご近所付き合いは専業主婦であろうと、働いていても、どうしても女性がメインになりますから。

家の施工がしっかりしているか

新築の場合でも、問題のある物件は案外あります。なかなか見極めるのは大変難しいと思いますから、プロの物件調査を頼むのも一考です。

調査費を払うか、後で修理などにお金がかかるか、ここは考えどころです。私は引っ越ししてから何だかんだと物件にトラブルが発生しましたので、新築でも調査しとけばよかったな・・・と後悔しましたので。

妥協できる点・できない点を夫婦で徹底討論

一戸建て購入する時、すべてがパーフェクトに理想通り・・・という訳にはいかない事が多いです。物凄いお金持ちでお金の事を何も心配しないでいいなら別ですけど、予算と立地や家の大きさは必ずしも満足のいくように一致しません。

そこで、絶対妥協できない点の優先順位を夫婦で、就学している子供がいるなら最終的には子供も交えて、しっかり話し合う事が大事です。リストにまとめておいてもいいと思います。

それぞれ夫婦の妥協できない点を徹底的に話し合う、そして、色んな場所の色んな物件を、実際に足を運んで見てみる事。これが重要です。

頭の中のイメージや固定観念と、実際足を運んで見てみると違う印象を受ける事も多いですから、あまり最初からガチガチに意見を固めてしまわないのがベストだと思います。

【体験談】ご近所付き合いから考えた土地選び

2018.02.12

【体験談】子供のことを考えた一戸建て購入について

2018.01.25

スポンサーリンク