【体験談】念願のマイホームを建てる時に妥協しないで良かった事

念願のマイホーム購入

我が家がマイホームを購入したきっかけは、子供が3人になり住んでいたアパートが手狭になったのと、今春から1年生になる長女がいるので、小学生になる前に学区を確定して、新しいお家から小学校に通わせたいと思ったからです。

マイホームを建てるに当たって本当にいろいろ悩みました。土地探し、ハウスメーカー探し、決まってからはどんな間取りにするのか、内装や水回りはどんなものにするのか、考えることも悩むこともあり大変でした。

もちろん家を建てる予算には限度があるので、妥協する事やここにはお金を掛けたいなど自分たちの気持ちに折り合いをつけるのがなかなか大変でした。

結果、妥協した面も多々ありますが、とても満足のいく家が建てることができたと思います。



妥協しなかったこと

妥協しないでお金をかけて良かったなというところは二つあります。

一つ目は、外の立水栓にもお湯が出るようにしたことです。夏場はプールが冷たすぎるときにすぐお湯を足せるし、少し寒くなってきた頃に子供達のどろどろの靴を洗うにも手が冷たくならないし、水よりも汚れが落ちやすいです。

また我が家は犬もいるので、お散歩のあとお風呂場で足を洗わなくても外のお湯で洗ってあげて、すぐ室内に入れてあげれるのでとても便利です。

二つ目は、2階にも洗面スペースを作ったことです。

毎朝洗面スペースがこみ合うのと、娘二人が大きくなったときに取り合いにならなくていいかなっと思って作りましたが、ちょっとした事でもわざわざ下までいかなくても良いので本当に便利です。

風除室の扉の位置

失敗したなと思うのは玄関の位置と風除室の扉の位置です。

車通りは少ないんですが、家の前に道路があるので玄関を正面ではなく横にしました。また風除室の扉も横にあるのですが、我が家の道路を挟んで向かい側は調整地になっていて何もありません。

あと10年はなにも建たないそうなんですが、そのせいなのか風がダイレクトに当たってしまいます。

風向き的にも風除室の扉の開く方と一緒で、少しでも風が強いと扉が開いてしまい、酷いときは全開状態で全く風除室の意味をなしていません。

ハウスメーカーさんや扉のメーカーにも相談したんですが、扉を軽くしてくれという相談はあっても重くしてくれと言われることはあまりないと言われて、今はメーカーさんの対応待ち状態です  。

こちらは雪が降る地域なので、風除室はとても重要なので凄く困っています。もう少しそういう所もちゃんと考えればよかったなと後悔しています。

これからお家を建てることを検討している方に

まずは、自分に寄り添ってくれるハウスメーカーと営業担当さんと巡り会えることが本当に大切です。

諦めなければいけないときも、営業さんがどれくらい寄り添ってくれて妥協できる案を出してくれるかが本当に大事です。

家を建てるのはほとんどの方が一生に一度だと思います。ただ、決めることが本当にたくさんあって焦る気持ちもあると思います。

ただ、そこで焦るとすぐに直せるものでもないので、建ててからそこばかりに目がいってしまい本当に後悔することになると思います。なのでじっくりゆっくり決めることがとても大切です。

我が家は建てるまで毎週のように、そして最後の最後まで打ち合わせをしていました。

営業担当さんにはかなりわがままを言って、相当頑張ってもらったと思います。それはとてもありがたいことだと思っていますが、家は金額的に簡単に建て直すことはできません。

だからこそ、わがままになるところはわがままになって、自分が後悔しない家を建てて欲しいなと思います。

我が家も失敗したなと思うところはありますが、本当に満足のいく家を建てれたと思っています。

【体験談】わたしが家を買うときに注意したこと

2018.03.09

【体験談】DIYで壁の作成やレンガペイビングを行い、理想の庭造りを!

2018.01.24

スポンサーリンク