【体験談】予算オーバーでも、理想のキッチンを実現しました

理想の新築一戸建て

私が家を建てたきっかけは、二人目の子供が生まれたためでした。

やはり、子供が二人とも男の子だったせいもあり、とてもうるさくアパートなどでは隣近所に迷惑がかからないかハラハラしてしまうこともあったからです。

そのため、広々と音も気になりにくい一戸建てを建てることにし、二階建てで、一階はリビング、トイレ、お風呂などを作りました。

二階は、子供たちが男の子二人なので、広めの子供部屋を作り、ある程度の年齢まで一緒に過ごさせることにしました。 そして、ゆくゆくは子供部屋を仕切って使うことが出来るようにしています。また私達夫婦の寝室も二階に作りました。



こだわりのキッチン

私が一番こだわったのはやはりキッチンです。

毎日使う場所ですし、やはり一日三回も立つことになるキッチンにこだわり、苦手な料理を少しでも気分良くこなせるようにというおもいでこだわって作ってもらったのです。

そして、私が頼んだのはリクシルでした。リッシェルというものがとてもお洒落で一目で気に入ったため、こちらをお願いすることにしたのです。

まず、こだわったのが、セラミックなところです。セラミックなため、フライパンなどをじか置きしても、跡がつかないし、ガンガン料理しても傷がつきにくいところがとても気に入っています。

子供がたまに料理を手伝ってくれることもあるのですが、やはり乱暴なので、このセラミックを選んでよかったなと思います。

シンクの色は黒色をチョイスしました。黒色は、逆に汚れ目立つんじゃないか、キッチンなのに重たくならないの?などと思われるかもしれませんが、とてもかっこよくて気に入っています。

たしかに、汚れていると目立ちますが、それはいつも綺麗にしていればいいのです。また、何よりセラミックとすごく合っていますし、汚れも付きにくく、さっと洗えばすぐに綺麗になるのでかなり優秀だと思います。

蛇口はハンズフリーで出てくるのも気に入っています。ハンズフリーだとお肉を触った手など汚れていて他のところを触りたくない時など、かなり助かります。

子供も手を洗うときにすごく使いやすいみたいで、小さな子でもすぐに使いこなすことが出来ました。慣れてしまったらもうふつうの蛇口には戻れないほどの快適さです。

キッチンの引き出しも大容量で選んだおかげでとても使いやすいです。引き出しは、全体を見えるように出てきてくれるので、奥のものまでとても見やすくて気に入っています。

この構造のおかげで、賞味期限切れのものなど出さなくなり、物の管理がしやすくなりました。また、大容量なので、食器と調味料などが全部入れられるので、キッチンに食器棚がいらなくなり、かなり広くなり大満足しています。

キッチンの壁はタイル貼りにしてもらいました。やはり、少しキラキラとタイルが光っているのがずっと憧れだったのと、ふけばさっと綺麗になるので、使いやすくて大変気に入っています。

こちらのキッチンは、130万を超えたぐらいの値段だったと思います。結構高いのですが、納得のいくものを作りたかったので大満足しています。

一生使うものには予算を

私は、今回のキッチンを作るにあたってこだわりぬいたのが本当に良かったと思いました。

また、自分の理想とすることがあるならば、とことん担当者の方と相談して決めることも大切だと思います。担当者の方が、シンクを勧めてくれて、変更することになったからです。

たしかに予算の範囲内ですることも大切ですが、一生使うものですから、やはりけちってしまうとその部分が貧相に見えてきて嫌になると思ったのです。

なので、あまり値段が変わらないなら、自分が一番したいキッチンに予算が少し超えても実現させることが、一番大切なことだと思いました。

やはり、キッチンは1日で主婦が長くいるところなので、こだわり抜いて、自分にぴったりなお気に入りを是非作って見てください。

【体験談】家の中で一番いい場所をキッチンにしました!

2018.03.04

【体験談】家族全員が一緒に過ごせる空間づくり

2018.02.13

スポンサーリンク