【体験談】あえて収納を減らした家で快適に暮らす

家を建てることを決意

子供を妊娠したことがきっかけで義両親の敷地内に一戸建てを建てることにしました。間取りは5LDKで、リビングとキッチンは一続きになっています。田舎ということもあり当たり前のように和室を一間作っています。

全てにこだわって家を建てようと思えば、お金がいくらあっても足りません。私はもともと整理整頓といった家事が苦手だったので、できるだけ家事が楽になる家を作りたいと思っていました。

その結果選んだのが収納が少ない住宅でした。ですが本当に整理整頓ができないのに、収納を減らしても大丈夫なのかという不安があったのも確かです。



収納が少ない間取りにする

全く何もないところからどういう家を作る?と言われても、実際にうまく間取りを描くことは出来ません。その土地の広さからいくつかこういう間取りはどうと提案してもらいました。

するとやってきた間取りはとにかく収納が多いデザインでした。収納があれば確かに便利ではありますが、収納のせいで無駄な凹凸が室内にできてしまいます。それがどうしても気になったため、収納をかなり減らしました。

各部屋にはクローゼットがありますのでそれで十分です。それと階段下に1畳ほどの物置があります。それ以外には全くといっていい程収納がありません。

キッチンもシステムキッチンの引き出しと食器棚だけで、吊り戸棚は全て取り払うことにしました。

実際に使ってみてどうだった?

最初は全ての物が収納できるのかという不安が一番ありました。ですが住み始めてすぐに思ったことは、収納がないことで空間が広く使えるということです。

特に廊下がすっきりとしていて広く、来客があった時にも広くていいね!と言われることがよくありました。

ただ使ってみて「やっぱりここには収納があったほうがいい」と感じる部分もあります。それは洗面所、トイレ、リビングです。

それでもやはり収納家具のようなものを出来るだけ置きたくはないので、トイレにはロールを置くための小さな棚だけつけることにしました。

洗面所はタオルやインナー、パジャマを置いていますが、そのための小さめの棚を置いています。大きいものは不要ですし、収納が大きくなればやっぱり物は増えてしまいます。

リビングには収納はあったほうがいい

家族が一番過ごす時間の多いリビングは、住み始めてから少しずつ収納家具を増やしてしまいました。結果的にそれなりに家具を置くことにはなりましたが、じっくり考えながら増やしました。

また据付ではないので不要になれば撤去したり、移動できます。そういう面では元々つけてあるよりは良いと感じました。置ける量が限られている分、リビングは散らからずに済んでいます。

収納が少ない暮らし

収納が多いと、物を詰め込みがちです。私のような整理整頓が苦手な人というのは空間があるとすぐに詰め込んでごまかしてしまいます。

でも収納がなければそうすることは出来ません。そのため常に断捨離するようにして空間を作るようにしています。

物をたくさん持てなくすることで、厳選したものだけで暮らすことができています。

キッチンも収納が少ないので食器や調理器具を増やせません。結果的に数少ないお気に入りお皿だけで快適に過ごせています。家族の人数の割りにはお皿が少ないと思いますが、ちゃんと料理も作れています。

調理家電も収納してしまうと使わなくなってしまいますので、使うものだけを棚に並べて日頃から使うようにしていますので無駄がありません。

収納を減らして一番良かったことは?

物がなくて良かったなと感じる時もあります。それはどこに何があるかをちゃんと把握できるということです。

収納が少ないからしまえる物の量も少なく、何かを探す時にもどこにあるのかすぐに分かります。

物が迷子になって見つからないことや、なくなったと思って購入したあとに探し物が出てくるということもなくなりました。

子供部屋の収納は?

子供部屋の収納は、実際に子供の人数や性別が決まらないことには難しいと思います。

我が家の場合は一人目の子供が産まれる時だったので、部屋は一応割り当てていましたが、クローゼットの中は空間になっているだけで棚も取り付けませんでした。

子供の性別と人数が分かってからじっくり考えて、棚も取り付けたので子供に合った収納にすることが出来ています。

まとめ

収納は多めに作るという人は多いかと思います。ですが住んでみると収納の少ない家というのは、物が少なくて快適です。

我が家では少ない収納ですが、そのスペースに入りきらなくて困るようなものは持たないようにしています。あえて収納を少なくすることですっきりとした生活が出来ると感じています。

ただやはりリビングなど物が増えてしまう場所もありますので、リビング横や寝室などに大きめの収納が一つあると便利です。親用の寝室には3畳のウォークインクローゼットがあるので、かさばるものはいつもそこに収納しています。

【体験談】収納スペースを確保するために行った3つのポイント

2018.03.28

【体験談】収納を少なめにしてリビングを広くした結果

2017.11.10

スポンサーリンク