【体験談】「コンセントの差し込み口」の数と位置にはこだわって!

コンセントの差し込み口は重要

新築一戸建て住宅を建てる際には、「コンセントの差し込み口」にもこだわりましたね。

「え!コンセントの差し込み口って小さっ!!」と、思う人もいるかも知れませんが、「コンセントの差し込み口」って、生活の中で何気にものすごく重要ですよ。

だって、「コンセントの差し込み口」ひとつあるかないかで、生活の中の便利さって変わってくると思いますもん。

それにわが家よりも先に、一戸建てマイホームを建てている友人からのアドバイスには、「コンセントの差し込み口は多めにしておきな!」というものがありましたので、ですからこそのコンセントの差し込み口へのこだわりだったと言えるかも知れません。

友人からの「コンセントの差し込み口」についてのアドバイスがなければ、とくに気に留めなかったと思いますもん。



注文住宅だからこそコンセントの差し込み口も自由に

わが家は注文住宅で建てています。ですから、コンセントの差し込み口に関しても、数にしても位置にしても自由に設計することができたことも良かったですね。

もちろん、電気の配線なんかは専門である電気屋さんにお願いしましたよ。こちらの希望を伝えて、それで電気の設計もしてもらったのです。

コンセントの差し込み口についてもですが、こういった自由が可能なところも、やはり注文住宅ならではかなーと思います。当たり前でしょうけれど、建売住宅ですとコンセントの差し込み口の設計の自由はありませんからね。

それでわが家のコンセントの差し込み口についてですが、まずもっとも重要視した場所はやっぱり「キッチン」のコンセントの差し込み口です。

キッチンではある程度使う電化製品が決まっていましたので、使用するコンセントの差し込み口の数も、もちろん使用する電化製品分は確保しておきたいというものでしょう。

ですから事前にわが家の電気工事を行う会社の方に、「使用する電化製品」を伝えておきました。

常時、コンセントに指しっぱなしにしている家電もあれば、時々コンセントを指して使う家電もありますからね。ですから余すところなく「使用すると思う家電」については伝えました。

また、キッチンそばに使う棚も家づくり段階から決めていましたので、そのことも伝えました。ですからわが家のキッチンそばのコンセントの差し込み口は、腰ぐらいの高さにあるものもあるのです。

このようにコンセントの差し込み口の位置も自分たちの好きなようにできるところも、注文住宅の利点だと思います。建売住宅ですと、大抵は足元ぐらいにコンセントの差し込み口がありますからね。

他にも、コンセントの差し込み口は一部屋あたり2、3箇所ほどつけてもらっています。家づくりの段階で使用する電化製品、それに配置する家具は決まっていましたので、コンセントの差し込み口にしても、設計しやすかったかも知れませんね。

ただ、「コンセントの差し込み口」について、とくに気に留めていなかったら不便なことになっていたかも知れません。キッチンにしても、足元ぐらいにコンセントの差し込み口をつけられていたと思いますし。

コンセントの差し込み口は多めにつけておくべし

家づくりの段階では、家具家電の位置は決めておけなくても、とりあえず「コンセントの差し込み口」は多めにつけておくことをオススメします。なんだったら壁の4面にコンセントの差し込み口をつけておくのもいいかも知れません。

コンセントの差し込み口は後からつけるのは、工事が必要ですしちょっと手間なわけなので、多めにつけておくことに越したことはないでしょう。新築一戸建て住宅の建設段階ならば、一緒に工事できるのでいろいろと都合がいいわけですしね。

コンセントの差し込み口が欲しい場所にないと、コードを延ばしたりと何かと邪魔なわけですから。ちょっとしたことに思うかも知れませんけれど、コンセントの差し込み口の数は、暮らしの中で感じる便利さに直結していると思います。ですからこだわっていいところだと思います。

【体験談】細部のイメージを持つことが、家づくりのポイントです

2018.02.05

【体験談】フルローンで購入、自由設計な新築購入お財布事情

2017.11.12

スポンサーリンク