【体験談】将来を考えた住宅ローンの返済計画

住宅ローンは慎重に

新築一戸建て住宅を購入する事は、サラリーマンにとっては人生で最大の買い物であり、非常に楽しく嬉しい事でもありますが、慎重に行う必要がある事でもあります。

私の場合には、結婚時に購入した小さな中古住宅のローン残金を預貯金で完済し、それを売却して頭金として新たな住宅ローンを組んでの購入でした。

新築一戸建て住宅を、敷地面積内で自由に自分達の意志を入れて設計に反映する事は非常に楽しい事です。しかし楽しいからと言って予算以上の費用を掛け、住宅ローンが下りてもその返済に苦しむケースも少なくありません。

住居は生活の基礎インフラですが、その購入の為に生活が圧迫されて苦しくなるのは、本末転倒と言えます。

住宅ローンの返済を十分に考え、そこから予算を逆算し、住宅を購入する事が大切で、家族が喜んで夢を語る中、私はこの点を最重視して新築一戸建て住宅の購入を決めました。



将来を考えた返済計画

住宅購入時の年齢は、40歳で最長の35年ローンを組めば完済時は75歳で、当然年金生活となっています。しかし、月々の返済をとりあえず楽にするため、35年で組みました。

生活設計上は、月々返済可能な金額は15万円でしたが、余裕を持てるように12万円の返済金額になる様に借入金を抑制しました。また、ボーナス月にも余分に返すと言う方法にせず、毎月同額返済の条件としました。

月々の余裕分の3万円とボーナスは、その多くを預貯金に回しました。預貯金をしっかり行う必要性としては、以下を念頭に置いての事です。

まず、定年退職となる60歳までに可能な限り完済できる様に、預貯金がまとまれば、そこから200万円単位で繰り上げ返済する事を考えました。

再雇用されて働いても、その収入は激減する事は明らかで、それまでに可能な限り繰り上げ返済して置く事が人生設計としては重要だと判断したのです。

またマイホームを住みやすく維持するためには、メンテナンスのリフォームとしての屋根や外壁塗装も必要ですし、水回りの設備入れ替えを含めたリフォームも必要となります。こうした手当てを預貯金で準備する事も重要だと考えました。

さらに住宅ローン金利は低水準ですが、万が一金利が高騰するような事があれば、繰り上げ返済で元金返済を進め、総返済額が上昇するのを抑える予防措置としても、その原資として預貯金をしっかり行うべきと判断したのです。

慎重すぎると言われる方も居られるでしょうが、それから15年が経過し、定年が近づくと、以上の様な慎重な住宅ローン・費用計画を立てて良かったと思っています。

5年毎に200万円を3回で600万円を繰り上げ返済し、また屋根・外壁塗装は100万円余を掛けて行いました。ボーナスは数年間は子供の教育費で消えてしまい、また会社が不調でボーナスが例年の半分程度の年もありまし、やはりボーナスを余裕分として考えていたのが正しかった事を痛感しました。

600万円を繰り上げ返済したものの、5年分が短縮できただけで、これでも完済は70歳となってしまいます。

子供の教育費がようやく楽になったので、60歳までに繰り上げ返済のペースを速めて2.5年で200万円のペースとして、預貯金分で400万円を充当し、それでも完済に不足する7年分の1000万円は退職金で充当して60歳で完済するか、無理なら退職金を500万円使って残りの7年間の月々の返済金額を下げるかのいずれかで対処できる目途が立ちました。

慎重に慎重を重ねてもやりすぎではない

以上の様に慎重に住宅ローンや費用に対しては考えて来ましたが、現実がやはり大変なのです。実際の金額をあえて示し、その大変さを理解してもらえるように記しました。

住宅ローンを組んで新築一戸建て住宅を購入する際には、完済年齢を考慮して、しっかりと別途預貯金等で対処方法を考えておくことが重要です。慎重に慎重を重ねてもやり過ぎと言う事は無いと思います。

【体験談】住宅ローンに落ちた理由、英語教育商材と奨学金の残債!

2018.02.14

【体験談】頭金200万円で購入する事になった新築一戸建て

2018.01.21

スポンサーリンク