【体験談】マイホームでこだわったのはやっぱりキッチン

マイホームでこだわりを諦めなかったのはキッチン!

新築一戸建てを購入する際に、私が最重要視したポイントはやっぱり「キッチン」だと言えますね。

注文住宅で新築一戸建てを建てました。ですから、住宅設備に関しては、自分たちで選択することができるわけです。

しかし、マイホーム建設の予算の関係上、希望通りの住宅設備を入れることもできないわけです。ですから、住宅設備の選択には非常に頭を悩ませました。

諦めて当初の希望よりもスペックを落とした住宅設備もあれば、諦めなかった住宅設備もあるわけです。

それがわが家は「キッチン」だったわけです。わが家というよりは、私が諦めなかった住宅設備がキッチンだったと言えるでしょうか。ですからこだわりはやっぱりキッチンですね。



フレームキッチンにこだわった理由

私が希望してマイホームに入れたキッチンは、TOTOのフレームキッチンです。

今では既に廃盤となったシリーズなので、友達にオススメすることはできませんが、私がマイホームを建てた当時は、密かな支持は確かにあったデザインのキッチン設備です。

端的にイメージを伝えるのならば、レストランの厨房にあるようなキッチン設備です。ステンレス製のシンプルな枠組みのみのキッチンで、私たち夫婦がマイホームを建てた当時は、TOTO以外にも確か、タカラだとかリナックスあたりが、ステンレス製のフレームだけのシンプルなキッチン設備を販売していたように思います。

ステンレス製のシンプルなフレームキッチンの何がいいのかと言いますと、やっぱり「見た目のデザイン」がまず良いのです。

私は一戸建て住宅のキッチンにあるような木目調だとか、人工大理石的なキッチンが苦手なんです。

単純に好みの問題になるのですが。でも、なんだかんだと言いましても、キッチンの選択は好みによるところも大きいじゃないですか。

それに「機能性」にしましても、わが家はキッチンのそばに大きな収納を作る予定でいましたので、キッチン自体にたくさん収納をつける必要がなかったのです。それならば「シンプルに」と思うわけです。

整理整頓してこまごましたものをキッチンにしまうよりは、棚板だけあって、調理器具をボンボンと置いていけるようなキッチンのデザインが良かったのです。

ですからこその「フレームキッチン」にしたのです。ごちゃごちゃしていない分、管理や掃除もしやすいのもメリットだと思っています。

ちなみにお値段についてですが、わが家を建ててくれた工務店と業者とのお付き合いもあって、100万円強ぐらいで入れてもらいました。

換気扇をグレードアップして、食器洗い乾燥機をつけて、化粧パネルなどもつけて、そしてIHコンロにしての定価は130万円ぐらいだったと記憶しています。

そこから業者割引が1割から3割ほど入りますので、ショールームで見積もりを出してもらった金額よりも、やや低めの金額になるのです。

フレームキッチンを使ってみて

ステンレス製のシンプルフレームキッチンの使い心地についてですが、今のところ何も不便はないですね。ステンレス製なので傷がついてもそれが「味」となりますし、それにシンプルなフレームキッチンですから、管理がしやすいのも楽で良いですからね。不満点はとくにないです。

それにシンプルだからなのでしょうか。キッチン設備のなかでは、比較的低価格な方だと思います。

ただ、わが家は使える予算が限られていましたので、キッチンにしてももう少しスペックを落としたものにしようかと検討もしたのです。探せば100万円以下のキッチン設備もありますからね。

ただ、安価なキッチンにしなかったのは、やっぱり私の中で「キッチンだけは気にいるものを入れたい!」というこだわりがあったからです。

そして今、自分の選択で良かったと思っています。だって、毎日3回以上使う設備なわけですからね。気に入らないデザインのキッチンですと、テンションだって下がりますもん。

【体験談】料理好きな私にはキッチンが大事!

2018.05.05

【体験談】家事動線を考えてキッチンをアイランドキッチンに

2017.12.11

スポンサーリンク